統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-20 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達(74) 先人12人目 斉明天皇④/先人13人目 天智天皇①
 しかし、有間皇子は、本当に孝徳天皇の子の可能性もあるのです。それは、孝徳天皇(翹岐)が、638年に武王と姉の嬪に同行して倭国に来ていた場合です。 鎌足が軽皇子(翹岐)の宮に泊めてもらった時の日本書紀の記述に、『...
大韓民国の建国史(221)韓国社会の葛藤構造の深淵、民主主義と統一戦線
 朴正煕議長がケネディ大統領の葬儀に出席しているとき、韓国では、第6代国会議員選挙の投票と開票が行われた。総選挙は国内外の予想とは逆に共和党が圧勝した。20代から40代が全体当選者の3分の2で、有権者は朴正煕が訴え...
海を渡った先人達(73) 先人12人目 斉明天皇③
 658年11月、斉明天皇が紀の湯に滞在中のことでした。天皇の政治を批判した罪で19歳の有間皇子が紀の湯に送られ、藤白坂で絞首刑にされる事件が発生しました。この時、大海人皇子と共に妻の額田姫も天皇一行に同行していた...
タイトル 登録日
[連載] 大韓民国の建国史(181)近代化革命の持続と第3共和国への移行課題 (2020-01-29 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<32> 先人7人目 雄略天皇④ (2020-01-22 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(180)朴正煕が蒔いた文明の種が韓国を技術先進国に (2020-01-22 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<31> 先人7人目 雄略天皇③ (2020-01-16 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪26 薬食同源は風土とともに (2020-01-16 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~22 寒さと飢え、一番つらくてしん... (2020-01-16 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(179)軍人政権によって始められる科学技術立国 (2020-01-16 00:00:00)
[連載] ★新連載★古代史万華鏡クラブ 紙上勉強会 第1回 (2020-01-01 00:00:00)
[連載] キスン便り<第8回>やられっぱなしの韓国 (2020-01-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(178)経済開発戦略家として成長する朴正煕の教養 (2020-01-01 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<30> 先人7人目 雄略天皇② (2019-12-11 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪25 薬食同源は風土とともに (2019-12-11 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~21 山河草木・人間も変り果てる生き地獄 (2019-12-11 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(177)製油所の建設と民族主義、自力更生か対外開放か (2019-12-11 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<29> 先人6人目 允恭天皇④ (2019-12-04 16:14:24)
[連載] <あるこーるらんぷ>金鶴泳 飜譯記―第3回 金鶴泳の作品を横文字で読む (2019-12-04 16:04:02)
[連載] キスン便り<第7回> 韓国という名の不思議な異星人 (2019-12-04 15:59:22)
[連載] 大韓民国の建国史(176)朴正煕の自主意識と実用精神、製油所建設を推進 (2019-12-04 15:48:02)
[連載] 海を渡った先人達<28> 先人6人目 允恭天皇③ (2019-11-27 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪24 薬食同源は風土とともに (2019-11-27 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
本国の慰安婦問題判決に「異議」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません