統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達<23> 先人5人目 履中天皇④
鈴木 惠子 百済本紀によると、腆支は420年に崩御したとされ、王位は、太子の「久尓辛」が継いでいます。この記述を信じるなら、420年に死去している腆支による421年の朝貢は、有り得ないことになります。しかし、...
キスン便り<第4回> 挨拶の言葉が持つ意味
李起昇  私は二十四歳になるまで韓国語を全く知りませんでした。二十四の時に韓国に留学、それから出来るようになりました。日常会話に困らなくなった頃、「アンニョンハシムニカ」は「こんにちは」ではないと、気がつきました...
研究者が見た義士・元心昌<第5回>
解放後、日本に残った理由
 元心昌、白貞基、李康勲らが日本帝国による植民地期に、中国・上海で行った六三亭義挙。有吉明・駐中日本公使の暗殺を試みて未遂に終わった事件だ。 この義挙を主導した元心昌は、日本帝国に無期懲役を言い渡されて収監された...
タイトル 登録日
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5) (2018-01-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(95) 3年間の熱戦、そして永い長い冷戦へ  (2018-01-01 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(64) 朝総連は同胞たちを精神的倒錯状態にするな  (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4) (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(94) 20世紀後半の世界史の流れを変えた韓国戦争 (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(63) テロと独裁の輸出で第三世界まで地獄にした金日成  (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3) (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(93) 韓米相互防衛条約はお金で計算できない恵沢 (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(7) 「親日派」本来の意味は  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(62) テロ支援国・金正恩体制に忠誠を尽くす (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2) (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(92) 「絶望しないで、われわれは決してあなた方を忘れない」  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(6) 日本の関係機関の協力  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(1) (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(91) 戦費調達と国家の百年の計に苦心した李承晩  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(5) 両国の指導者関係 (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(90) 毛沢東に執拗に戦争継続を促したスターリン  (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―下― (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(89) 韓半島で核戦争まで想定していたスターリン (2017-11-01 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―中― (2017-11-01 00:00:00)
..[11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]..
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません