統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-11 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達<17> 先人4人目 神功皇后⑥
鈴木惠子 『356年(新羅本紀)昔訖解王崩御。金奈勿王即位』  この年に昔氏を制圧した金氏が斯盧国を新羅国に改めました。その後、昔王朝の亡命者が九州の日向の地に渡って来たようです。宮崎県の西都原遺跡の4世紀...
韓国スローフード探訪19 薬食同源は風土とともに
儒学の里・慶尚北道栄州でいただく高麗人参料理
 秋になったら訪れたい場所がある。今から約20年前の冬のこと、韓菓と伝統茶作りの体験学習で1週間ほどソウルに滞在した。指導して下さった先生から「もし、時間があれば高速バスで2時間以上はかかるけど栄州に行ってみる?」...
大韓民国の建国史(166)通貨改革に韓国銀行の金正濂が参与した経緯
 千炳圭財務長官は帰国のあいさつに来た金正濂に「政府で一緒に仕事しよう」と言ったが、彼は二度と公職には就かないと頭から断った。千長官はどうしても金正濂を通貨改革に参加させたいのに、提案して断られれば機密だけが漏れ、...
タイトル 登録日
[連載] 海を渡った先人達<17> 先人4人目 神功皇后⑤ (2019-09-04 00:00:00)
[連載] 【新連載】キスン便り<第1回> 韓国の名前の付け方 (2019-09-04 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(165)通貨改革経験者などエリート同院に苦心する革命政府 (2019-09-04 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(164)革命政府の試行錯誤、判断甘かった通貨改革 (2019-08-15 00:00:00)
[連載] 米国に挑んだ大統領(最終回)歴史が重くなるほどより輝く二人の大統領 (2019-08-15 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪18 薬食同源は風土とともに (2019-08-15 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~14 同級生の母親の怖くて不可解な態度 (2019-08-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(163)経済建設に必要な外資導入で活躍した外国人 (2019-08-01 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<15> 先人4人目 神功皇后③ (2019-07-24 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪18 猛暑も吹き飛ぶ大邱のホルモン焼き通り (2019-07-24 00:00:00)
[連載] 米国に挑んだ大統領(27)米国の支援は発展の元金に (2019-07-24 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(162)国の基幹は政府関与の「指導される資本主義体制」で (2019-07-24 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<14> 先人4人目 神功皇后② (2019-07-18 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~13 ある日の悪い予感の始まり (2019-07-18 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(161)世界銀行の経験を反映した第1次経済開発計画 (2019-07-18 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<13> 先人3人目 壹与⑤ (2019-07-10 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪17 鎮海の海辺で味わうアナゴの白焼 (2019-07-10 00:00:00)
[連載] 米国に挑んだ大統領(25)韓米同盟こそ大韓民国発展の糧 (2019-07-10 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(160)第1次経済開発5カ年計画の成長率を7.1%に (2019-07-10 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<12> 先人3人目 壹与④ (2019-07-03 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません