統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達<32> 先人7人目 雄略天皇④
 倭国では、427年頃は、倭王・讃の政権だったと思われますが、讃(腆支)がいつ頃死去したかについては、不明と言わざるを得ません。では、讃(腆支)の死去後に倭国の王になったのは、誰だったのでしょうか。 宋書によ...
大韓民国の建国史(180)朴正煕が蒔いた文明の種が韓国を技術先進国に
 ある最高委員は、顔を紅潮しながら言った。 「5・16」革命の目的は、まさに今紹介した、技術開発計画のような、国家計画を作り、国家の発展を遂げようとすることです。本人は、この計画を革命政府の最優先事業として設定し...
海を渡った先人達<31> 先人7人目 雄略天皇③
 『…そんなある日、道琳は王に献言した。王は、道琳の献言に従って、宮室や城郭を修理し、楼閣を造り、王墓を作り直し、河を工事した。その結果、倉の中は空っぽになった。人民は困窮し、兵士たちは戦う気力もなく...
タイトル 登録日
[連載] 朝総連衰亡史(96)スターリンに占領された北を回復しよう (2018-10-11 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(127)フランス第5共和国を参考にする革命政府 (2018-10-11 00:00:00)
[連載] 四天王寺ワッソ【第7回】興銀破綻で存続の危機に (2018-10-11 00:00:00)
[連載] ★新連載 韓国スローフード探訪1 薬食同源は風土とともに (2018-10-03 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(96)朝総連は大韓民国を破壊するな、君らのためにも (2018-10-03 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(126)韓半島史上、初めての武人と企業家たちの同盟 (2018-10-03 00:00:00)
[連載] 高麗青磁への情熱―152― (2018-09-27 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(125) (2018-09-27 00:00:00)
[連載] 韓国自動車メーカー 半世紀超の挑戦―5― (2018-09-20 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(94)朝総連は時代錯誤の恥ずかしい宣伝・扇動をやめろ! (2018-09-20 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(124)国家経済再建のため革命政府が企業家たちを活用 (2018-09-20 00:00:00)
[連載] 四天王寺ワッソ【第5回】高句麗に由来する祇園祭 (2018-09-20 00:00:00)
[連載] 韓国自動車メーカー 半世紀超の挑戦―4― (2018-09-12 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(93)「9.9節」70周年を迎え、朝総連の一大覚醒を促す (2018-09-12 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(123)期限を定めて推進した法令整備と電力3社の統合 (2018-09-12 00:00:00)
[連載] 韓国自動車メーカー 半世紀超の挑戦―3― (2018-09-05 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(92)日本植民地化の前に後退した金日成王朝の70年間 (2018-09-05 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(122)革命政府によって韓国社会に根付く軍事文化 (2018-09-05 00:00:00)
[連載] 四天王寺ワッソ【第3回】「帰化人」から「渡来人」へ 呼称変更の秘話 (2018-09-05 00:00:00)
[連載] 韓国自動車メーカー 半世紀超の挑戦―2― (2018-08-29 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません