統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-20 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達(74) 先人12人目 斉明天皇④/先人13人目 天智天皇①
 しかし、有間皇子は、本当に孝徳天皇の子の可能性もあるのです。それは、孝徳天皇(翹岐)が、638年に武王と姉の嬪に同行して倭国に来ていた場合です。 鎌足が軽皇子(翹岐)の宮に泊めてもらった時の日本書紀の記述に、『...
大韓民国の建国史(221)韓国社会の葛藤構造の深淵、民主主義と統一戦線
 朴正煕議長がケネディ大統領の葬儀に出席しているとき、韓国では、第6代国会議員選挙の投票と開票が行われた。総選挙は国内外の予想とは逆に共和党が圧勝した。20代から40代が全体当選者の3分の2で、有権者は朴正煕が訴え...
海を渡った先人達(73) 先人12人目 斉明天皇③
 658年11月、斉明天皇が紀の湯に滞在中のことでした。天皇の政治を批判した罪で19歳の有間皇子が紀の湯に送られ、藤白坂で絞首刑にされる事件が発生しました。この時、大海人皇子と共に妻の額田姫も天皇一行に同行していた...
タイトル 登録日
[連載] ★NEW★朝鮮女優史考 第1回 (2020-06-03 00:00:00)
[連載] <あるこーるらんぷ>金鶴泳 飜譯記 ― 第7回 自作に対する不安 (2020-06-03 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪34 薬食同源は風土とともに (2020-06-03 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(196)民政への移譲を前に革命同志の間で内燃する葛藤 (2020-06-03 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<46> 先人9人目 崇峻天皇③ (2020-05-27 00:00:00)
[連載] キスン便り<第16回> 韓国と日本の相違② (2020-05-27 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~31 春窮期の農村動員戦闘 (2020-05-27 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(195)民政への移譲と第3共和国の骨格を作った憲法改正 (2020-05-27 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<46> 先人9人目 崇峻天皇② (2020-05-20 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪33 薬食同源は風土とともに (2020-05-20 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(194)野山のテントで在日青年を感動させた朴正煕大統領 (2020-05-20 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<46> 先人8人目 蘇我氏⑧/先人9人目 崇峻天皇① (2020-05-13 00:00:00)
[連載] キスン便り<第16回> 韓国と日本の相違① (2020-05-13 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~30 5月から始まる農村動員戦闘 (2020-05-13 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(193)国土緑化事業とセマウル運動、そして在日韓国人たち (2020-05-13 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<45> 先人8人目 蘇我氏⑦ (2020-04-22 00:00:00)
[連載] 韓国スローフード探訪32 薬食同源は風土とともに (2020-04-22 00:00:00)
[連載] ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語~29 枯らすと厳しく罰せられる「金... (2020-04-22 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(192)荒廃した国土を回復させた象徴の迎日湾砂防事業 (2020-04-22 00:00:00)
[連載] 海を渡った先人達<44> 先人8人目 蘇我氏⑥ (2020-04-15 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
本国の慰安婦問題判決に「異議」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません