統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達(56) 先人10人目 中臣鎌足③
鈴木 惠子  日本書紀の天智天皇八年(669年)5月5日に、天皇は多くの群臣を従えて山科野に薬狩りをしたとあります。その約5カ月後に鎌足は亡くなりますが、天智天皇が死の直前に見舞った際の『鎌足は痩せ衰えること極め...
キスン便り(第21回) 韓国と日本の相違6
 韓国人の「公」や「正義」は局面によっては、派閥の利益しか意味しません。本音と建て前が違うのですが、多くの人は建て前を本音だと信じ切っています。  なぜかと言うに、歴史がそうさせるのです。韓国は大小数えると三十年...
ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語(35)7月猛暑下での政治行事の過酷
「北送事業」から61年
たんぽぽ  北朝鮮の国民にとって5月と6月は梅雨と「麦峠(春窮期)」と農村支援戦闘で精神も肉体も疲れ果てる月である。そこに6・25韓国戦争(朝鮮戦争北朝鮮の呼び方)に関連する政治行事で、いつもと同じく負荷される金...
タイトル 登録日
[連載] 大韓民国の建国史(96) 戦後復興のため、閣議で休日の返上まで決議  (2018-01-17 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(65) 首領たちの73年間の積弊と朝総連の運命 (2018-01-01 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5) (2018-01-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(95) 3年間の熱戦、そして永い長い冷戦へ  (2018-01-01 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(64) 朝総連は同胞たちを精神的倒錯状態にするな  (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4) (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(94) 20世紀後半の世界史の流れを変えた韓国戦争 (2017-12-13 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(63) テロと独裁の輸出で第三世界まで地獄にした金日成  (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3) (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(93) 韓米相互防衛条約はお金で計算できない恵沢 (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(7) 「親日派」本来の意味は  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(62) テロ支援国・金正恩体制に忠誠を尽くす (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2) (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(92) 「絶望しないで、われわれは決してあなた方を忘れない」  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(6) 日本の関係機関の協力  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(1) (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(91) 戦費調達と国家の百年の計に苦心した李承晩  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(5) 両国の指導者関係 (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(90) 毛沢東に執拗に戦争継続を促したスターリン  (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―下― (2017-11-08 00:00:00)
..[11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]..
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません