統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-14 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達(85)先人14人目 天武天皇⑥
 日本書紀の681年に、『草壁皇子を立てて皇太子とし、一切の政務を預からせた』と記されていますが、能力重視の天武天皇が皇太子に立てたのは、この時20歳の草壁皇子ではなくて、29歳の高市皇子だったと考えています。 ...
古代史万華鏡クラブ 「半島からの渡来品 5つの工夫
第13階 紙上勉強会
 日本人はオリジナリティには欠けるが、工夫や改良には長けていると思ってきた。しかし現在のコロナ禍の対処をみると、どうなってしまったのか。すべて後手後手で工夫なし。ドライブスルー検査の発想もなく、デジタル面でもひどく...
キスン便り(第37回) 韓国と日本の相違22 韓国の交通事情
 私は駐在員になって四年目ごろから車に乗り始めました。それまで時速80キロで走りながら交通標識を読み取る自信がありませんでした。漢字で書いてくれていれば瞬間で分かるのですが、ハングルですから、読んで理解するまでにタ...
タイトル 登録日
[連載] 大韓民国の建国史(104)張勉政権の発足と試練、第2共和国の総体的混乱  (2018-03-21 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(73)金正恩が文在寅の特使たちを労働党本部で迎えた意味 (2018-03-14 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(72)朝総連は「共和国」のテロ伝統を直視し反省しろ (2018-03-07 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(103) 李承晩大統領はハワイへ亡命したことがない (2018-03-07 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(71)平昌五輪の単一チームと政治利用が残したもの (2018-02-28 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(102) 4.19学生義挙と「李承晩独裁者」論の検証 (2018-02-28 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(70)朝総連の犯罪と破廉恥を増長してきた日本人たち  (2018-02-21 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(101)執権自由党政権の堕落と自滅、建国勢力の交代 (2018-02-21 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(100)李承晩の権威主義的政治体制とその陰 (2018-02-15 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(69) 北韓で救出を待っている身内たちを救出しよう (2018-02-07 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(99)1950年代、米国を通じての海洋文明へ編入 (2018-02-07 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(68) 平昌冬季五輪関連南北間の合意を白紙に戻そう!  (2018-01-31 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(98)李承晩大統領時代と建国精神に対する中間評価 (2018-01-31 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(67) 盲従と豹変を恥ずかしく思っていない、かかしたち! (2018-01-24 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7) (2018-01-24 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(97) 戦争と混乱の時代に出現した企業家たち  (2018-01-24 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(66) 北の鉄面皮な「有無相通ずのパルチザン伝統」と朝総連  (2018-01-17 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(6) (2018-01-17 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(96) 戦後復興のため、閣議で休日の返上まで決議  (2018-01-17 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(65) 首領たちの73年間の積弊と朝総連の運命 (2018-01-01 00:00:00)
..[21][22][23][24][25][26][27][28][29][30]..
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
民団大阪も一騎打ち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません