統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達(65) 先人10人目 中臣鎌足⑫
 第一の目的、上表文の返事とは、日本が唐の領土になることに同意するか否かの回答だったと考えています。これについて、鎌足と大海人の二人で充分に協議を重ねた結論は、唐の領土の一部になることはやむを得ないが、筑紫のみに留...
韓国スローフード探訪40 薬食同源は風土とともに
整腸作用のある梨とともにユッケと晋州ビビンパプ
 取材で韓国を訪れるようになってから24年ほどになる。最初は韓国料理の辛さが苦手で、なかなか食が進まなかった。数日間、ソウル市内のさまざまなところを訪れているうちに韓国料理のバリエーションの豊かさを知り、1週間が過...
ノースコリアンナイト~ある脱北者の物語(40)朝鮮労働党員になるため、全ての尊...
「北送事業」から61年
 人間ならば、精根尽き果てた人をまずは助けてあげてから漂流していた事情などを調べるのが普通だ。しかし9月22日、北朝鮮側は、自国海域内を漂流していた韓国の公務員を海に放置したまま取り調べをして、そのまま海上で射殺し...
タイトル 登録日
[連載] 朝総連衰亡史(45) 対南工作組織の正体をあらわにした朝総連 (2017-06-28 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(75)中共軍の第5次攻勢阻止と休戦の模索 (2017-06-28 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(74) (2017-06-21 06:19:38)
[連載] 大韓民国の建国史(73) (2017-06-14 00:00:00)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―旧ソ連に密入国(4) (2017-06-07 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(42)朝総連が自ら告白する自画像、野蛮の下手人 (2017-06-07 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(72) (2017-06-07 00:00:00)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―旧ソ連に密入国(3) (2017-05-31 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(41)朝総連こそ清算されるべき韓半島の積弊 (2017-05-19 19:47:16)
[連載] 大韓民国の建国史(71) トルーマンの韓国死守決定と国連軍の反攻 (2017-05-19 19:33:21)
[連載] 大韓民国の建国史(70) 戦史上類例なき民間人救出興南撤収作戦 (2017-05-12 06:23:44)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―政治犯収容所の解体(9) (2017-05-03 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(69) マッカーサーの戦略的誤判、戦線の崩壊 (2017-05-03 00:00:00)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―政治犯収容所の解体(8) (2017-04-26 19:40:20)
[連載] 朝総連衰亡史(39) 朝総連貴族たちはなぜ金氏王朝に忠誠するか (2017-04-26 19:29:23)
[連載] 大韓民国の建国史(68) スターリンの裏切りでも参戦した毛沢東 (2017-04-26 18:54:26)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―政治犯収容所の解体(7) (2017-04-19 19:40:42)
[連載] 朝総連衰亡史(38) ある在日朝鮮社会科学者の生き方への試み(2) (2017-04-19 19:22:07)
[連載] 大韓民国の建国史(67) (2017-04-19 19:08:40)
[連載] 脱北帰国者が語る 北の喜怒哀楽―政治犯収容所の解体(6) (2017-04-12 21:51:18)
..[21][22][23][24][25][26][27][28][29][30]..
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません