統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-04 16:14:24
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達<29> 先人6人目 允恭天皇④
 藤原不比等が主導して編纂されたと考えられる『日本紀』(改編され現在の『日本書紀』に至る)に、人質だった未斯欣という金氏の王子を天皇として表し、412~453年の41年間もの在位という「雄朝津間稚子宿禰天皇紀」があ...
<あるこーるらんぷ>金鶴泳 飜譯記―第3回 金鶴泳の作品を横文字で読む
 金鶴泳の作品の多くが、著者の生前にハングルで刊行されてゐたのと對照的に、橫文字での翻譯がこの世に出たのは、著者が他界して數年が經つてからである。英譯についていへば、吃音に惱んでゐる、在日二世の化學研究生の一日を綴...
キスン便り<第7回> 韓国という名の不思議な異星人
 韓国の不思議を自分なりに研究してきました。始まりは目の前の一世の多くが、自分の父親を筆頭に変な人たちばかりだったというのがあります。 どうして韓国人はこうなんだろうと、原因を知りたくて勉強を始めました。そんな感...
タイトル 登録日
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(43) (2015-02-18 04:17:53)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(42) (2015-02-11 00:00:00)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑪ (2015-02-04 05:28:48)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(41) (2015-02-04 04:55:09)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑩ (2015-01-28 00:40:12)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(40) (2015-01-28 00:13:57)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑨ (2015-01-15 05:45:00)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(39) (2015-01-15 05:06:39)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑧ (2014-12-16 04:00:10)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(38) (2014-12-16 03:21:15)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑦ (2014-12-03 03:49:33)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(37) (2014-12-03 03:21:22)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑥ (2014-11-27 10:27:17)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(36) (2014-11-27 10:01:27)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~⑤ (2014-11-19 03:33:07)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(35) (2014-11-19 03:00:46)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(34) (2014-11-12 01:29:24)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~④ (2014-11-06 09:07:35)
[大韓民国への反逆] 大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(33) (2014-11-06 04:57:12)
[在日の従北との闘争史] 在日の従北との闘争史~6.25戦争と在日~③ (2014-10-29 01:19:04)
..[21][22][23][24][25][26][27][28][29][30]..
18年にフッ化水素輸入が急増
国民への対決を宣言した文政権
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
脱北船員を秘密裏に北送
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません