統一日報 連載セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-11-20 00:00:00
Untitled Document
大韓民国への反逆
在日の従北との闘争史
ホーム > 連載 [総件]
海を渡った先人達<27> 先人6人目 允恭天皇②
 未斯欣が新羅に逃げ帰った年は、新羅本紀の『訥祇王の二年(418年)秋、王の弟、未斯欣が倭国から逃げ帰った』という記述から、418年であったことが確認できます。未斯欣(=允恭天皇)は、倭国に16年間も滞在していまし...
キスン便り<第6回> 韓国企業が日本で成功できないわけ
 私は、韓国から来た会社の顧問を何社か担当していたことがあります。今はもう、みんな失敗して撤退してしまいました。 日本でのビジネスがうまく行かないことに腹を立て、経営陣が大挙して日本にやって来たことがありました。...
大韓民国の建国史(174)韓国人の生活方式まで変え始めた革命政府の政策
1962年4月4日、米国CIAが主管して各情報機関が合同で作成した「韓国の定期展望」という特別情報判断書がある70年までの政治情勢に対する予測だ。CIAの他、国務省や国防省の情報部門および陸・海・空軍の情報部隊や合...
タイトル 登録日
[連載] 朝総連衰亡史(63) テロと独裁の輸出で第三世界まで地獄にした金日成  (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3) (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(93) 韓米相互防衛条約はお金で計算できない恵沢 (2017-12-01 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(7) 「親日派」本来の意味は  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(62) テロ支援国・金正恩体制に忠誠を尽くす (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2) (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(92) 「絶望しないで、われわれは決してあなた方を忘れない」  (2017-11-22 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(6) 日本の関係機関の協力  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(1) (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(91) 戦費調達と国家の百年の計に苦心した李承晩  (2017-11-15 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(5) 両国の指導者関係 (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(90) 毛沢東に執拗に戦争継続を促したスターリン  (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―下― (2017-11-08 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(89) 韓半島で核戦争まで想定していたスターリン (2017-11-01 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―中― (2017-11-01 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(4)日本が備えるべきリスク (2017-10-25 00:00:00)
[連載] 朝総連衰亡史(58) 全体主義独裁の手段、牡丹峰楽団と金剛山歌劇団  (2017-10-25 00:00:00)
[連載] 大韓民国の建国史(88)中朝を督戦し、休戦会談を妨害したスターリン (2017-10-25 00:00:00)
[連載] 文在寅政権の「運動圏」勢力図―上― (2017-10-25 00:00:00)
[連載] 日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(3)韓日の歴史認識の差 (2017-10-18 00:00:00)
..[11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]..
国民への対決を宣言した文政権
風向きが変わった革命的な国民抵抗
文在寅政権の「公捜處法」と韓日GSOMIA
脱北船員を秘密裏に北送
18年にフッ化水素輸入が急増
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません