統一日報 主張セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 [総件]
正義の国民抵抗を今やらないといつするのか
 今、韓国で見られるのは文明史においての異変だ。文明の盛衰は避けられないが、少数の職業革命家たちが、ダイナミックに発展した国をこのように短期間に破壊する例は、他の国では見られない。特に韓国の「6共和国」は不思議と言...
北送事業60周年の年に
いまこそ歴史的検証と被害者救済の取り組みを
三浦小太郎(評論家)  今年こそ、日本と韓国の間で、そして北朝鮮との間でも解決しなければならない「歴史問題」がある。それは慰安婦問題でも徴用工でもない。「北送事業」という、いまだに未解決の、かつ現在進行形の歴...
韓国が真の先進国へと脱皮するために
「反日種族主義を打破しよう」
克服課題は「部族的感情」 中国を大国と捉える依存性 自由と独立精神の構築を 李栄薫(李承晩学堂校長)  大韓民国は、世界史に例のない短期間で国民国家の建設に成功した国だ。ところが、2年前の朴槿惠大統領の弾...
タイトル 登録日
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 6月民主抗争 反体制の非暴力と体制の決断 (2014-06-18 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 義戦の一環としての伊藤博文射殺―安重根=テロリスト観の視野の狭さ (2014-06-11 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (下) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (中) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (上) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[社説] 北の人権問題で韓日は連携せよ (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 体制と反体制 光州5.18 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-21 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 済州道4・3事件 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-14 00:00:00)
[社説] 韓米首脳会談 国家の「復元力」を回復せよ (2014-05-01 03:27:22)
[オピニオン] <コラム>民団はなぜ総連会館競売を見過ごしたのか (2014-04-23 00:00:00)
[オピニオン] <寄稿>東アジア共同体と民族統一(下)  金一男 (2014-04-09 00:00:00)
[オピニオン] 寄稿「東北アジア共同体と民族統一」(中)―韓国現代史研究家 金一男 (2014-04-02 03:53:12)
[社説] 韓日は協力して実状変化に対応せよ (2014-04-02 03:37:20)
[社説] 3.1精神は韓国民に何を求めているか (2014-03-05 00:00:00)
[オピニオン] 【時論】民団の目指すところは何か (2014-02-13 04:12:17)
[社説] 軽すぎた李石基への懲役20年求刑 (2014-02-05 00:00:00)
[社説] 自由を守る唯一の道は自由の拡散 (2014-01-01 00:00:00)
[社説] 国政の麻痺、大統領は緊急措置を (2013-12-04 00:00:00)
[社説] 歴史の岐路で大韓民国の決断を促す (2013-11-07 00:00:00)
[オピニオン] 蔡東旭と文在寅の共通点  (2013-10-09 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません