統一日報 主張セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 [総件]
韓国人たちよ、自由革命のための国民の抵抗に立ち上がれ!
 韓国政局が一寸先も見えない混乱だ。犯罪を覆おうとする文在寅と犯罪を法によって捜査する検察が激突した。法治と暴圧の決闘だ。文在寅政権は彼らが権力を失ったとき直面する運命を考え恐怖に陥って正常な思考ができなくなった。...
文明社会は、韓半島での自由民主体制の消滅を傍観するか
 香港が中国共産全体主義から独立のため闘っている今、アジア大陸の東端で自由民主体制を守ってきた韓国が文在寅・主思派政権によって全体主義へと旋回している。 韓国は文在寅という狂人が統治する国となった。職業革命家たち...
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催眠から目を覚ませ
 建国71年の大韓民国が存亡の岐路に立たされている。外部からの攻撃よりも、内部の敵によって自滅している。荒唐無稽な話だ。 国が滅びるということは政府が消えるという意味だ。韓国は今、国家と国民を護る政府がない。文在...
タイトル 登録日
[オピニオン] 【座談】いつまで分断を我慢するのか 建国革命を完結させよう<3> (2014-08-15 00:00:00)
[オピニオン] 【座談】いつまで分断を我慢するのか 建国革命を完結させよう<2> (2014-08-15 00:00:00)
[オピニオン] 【座談】いつまで分断を我慢するのか 建国革命を完結させよう<1> (2014-08-15 00:00:00)
[社説] 韓半島の「非正常」をこれ以上放置してはならない (2014-08-15 00:00:00)
[オピニオン] 金清吉氏寄稿文への反論 「傘下団体離脱は組織破壊行為」 (2014-08-01 03:04:18)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(下) (2014-08-01 02:42:44)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(上) (2014-07-24 00:17:09)
[オピニオン] 【寄稿】韓商連問題解決に向けて 「最終合意書」の履行で平和的解決を (2014-07-16 16:00:22)
[オピニオン] 【寄稿】金正恩の「白頭血統」は偽物 (2014-07-09 00:00:00)
[社説] 大統領への期待より国民の底力発揮を (2014-07-02 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 6月民主抗争 反体制の非暴力と体制の決断 (2014-06-18 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 義戦の一環としての伊藤博文射殺―安重根=テロリスト観の視野の狭さ (2014-06-11 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (下) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (中) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (上) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[社説] 北の人権問題で韓日は連携せよ (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 体制と反体制 光州5.18 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-21 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 済州道4・3事件 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-14 00:00:00)
[社説] 韓米首脳会談 国家の「復元力」を回復せよ (2014-05-01 03:27:22)
[オピニオン] <コラム>民団はなぜ総連会館競売を見過ごしたのか (2014-04-23 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません