統一日報 主張セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-20 00:00:00
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 [総件]
自由と独立は無料で与えられない
 大統領選を5カ月余り残している韓国と韓半島の混乱が東アジアを不安定にしている。韓国の次期政権は、米中戦争の行方に重大な影響を与えるだけでなく、選挙を前後に韓国社会の混乱がどのような状況をもたらすか予測できない。事...
闘争は緊急避難で正当防衛
4・15総選の不正の証拠が溢れ、韓国社会に緊張が高まっている。マスコミが報道しなくても、国民多数は不正選挙の実体が分かってきた。4・15国闘本は、野党の大統領候補たちと国会議員全員に質問状を送った。彼らの回答は有権...
建国73周年の大韓民国 自由と尊厳のため対中独立戦争を!
建国73年を迎えた大韓民国が建国直後、スターリン、毛沢東、金日成の侵略を受けたときのような危機に瀕している。国家として独立を維持できるかを憂慮せざるを得ない状況だ。国家は、現実的に政府が統治する。韓国は今、共産主義...
タイトル 登録日
[オピニオン] 金清吉氏寄稿文への反論 「傘下団体離脱は組織破壊行為」 (2014-08-01 03:04:18)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(下) (2014-08-01 02:42:44)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(上) (2014-07-24 00:17:09)
[オピニオン] 【寄稿】韓商連問題解決に向けて 「最終合意書」の履行で平和的解決を (2014-07-16 16:00:22)
[オピニオン] 【寄稿】金正恩の「白頭血統」は偽物 (2014-07-09 00:00:00)
[社説] 大統領への期待より国民の底力発揮を (2014-07-02 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 6月民主抗争 反体制の非暴力と体制の決断 (2014-06-18 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 義戦の一環としての伊藤博文射殺―安重根=テロリスト観の視野の狭さ (2014-06-11 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (下) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (中) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (上) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[社説] 北の人権問題で韓日は連携せよ (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 体制と反体制 光州5.18 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-21 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 済州道4・3事件 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-14 00:00:00)
[社説] 韓米首脳会談 国家の「復元力」を回復せよ (2014-05-01 03:27:22)
[オピニオン] <コラム>民団はなぜ総連会館競売を見過ごしたのか (2014-04-23 00:00:00)
[オピニオン] <寄稿>東アジア共同体と民族統一(下)  金一男 (2014-04-09 00:00:00)
[オピニオン] 寄稿「東北アジア共同体と民族統一」(中)―韓国現代史研究家 金一男 (2014-04-02 03:53:12)
[社説] 韓日は協力して実状変化に対応せよ (2014-04-02 03:37:20)
[社説] 3.1精神は韓国民に何を求めているか (2014-03-05 00:00:00)
..[11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]..
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません