統一日報 オピニオンセクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 > オピニオン [総件]
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日同胞(前編)
朝総連系コミュニティの拠点
寄稿 李修京・東京学芸大学教授  日本の法務省によると、2019年6月現在における朝鮮籍者数は特別永住者2万8393人、永住者432人、永住者の配偶者7人、定住者101人、日本人配偶者とその子ども42人を合わ...
【各界新春メッセージ】
ゆるぎない「3つの橋」 在日本大韓民国民団中央本部 ...
【李栄薫氏 新春メッセージ】自由の戦士として覚醒を
 2020年の新年が明けました。今年は、統一日報がさらなる大きな成就と発展を遂げますことを祈願します。また、韓国の民族統一においても大きな成就と発展があることを願ってやみません。 韓国人は「われわれの願いは統一、...
タイトル 登録日
[オピニオン] 【座談】いつまで分断を我慢するのか 建国革命を完結させよう<2> (2014-08-15 00:00:00)
[オピニオン] 【座談】いつまで分断を我慢するのか 建国革命を完結させよう<1> (2014-08-15 00:00:00)
[オピニオン] 金清吉氏寄稿文への反論 「傘下団体離脱は組織破壊行為」 (2014-08-01 03:04:18)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(下) (2014-08-01 02:42:44)
[オピニオン] ベトナム参戦韓国兵の民間人虐殺報道への反論(上) (2014-07-24 00:17:09)
[オピニオン] 【寄稿】韓商連問題解決に向けて 「最終合意書」の履行で平和的解決を (2014-07-16 16:00:22)
[オピニオン] 【寄稿】金正恩の「白頭血統」は偽物 (2014-07-09 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 6月民主抗争 反体制の非暴力と体制の決断 (2014-06-18 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 義戦の一環としての伊藤博文射殺―安重根=テロリスト観の視野の狭さ (2014-06-11 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (下) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (中) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (上) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 体制と反体制 光州5.18 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-21 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 済州道4・3事件 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-14 00:00:00)
[オピニオン] <コラム>民団はなぜ総連会館競売を見過ごしたのか (2014-04-23 00:00:00)
[オピニオン] <寄稿>東アジア共同体と民族統一(下)  金一男 (2014-04-09 00:00:00)
[オピニオン] 寄稿「東北アジア共同体と民族統一」(中)―韓国現代史研究家 金一男 (2014-04-02 03:53:12)
[オピニオン] 【時論】民団の目指すところは何か (2014-02-13 04:12:17)
[オピニオン] 蔡東旭と文在寅の共通点  (2013-10-09 00:00:00)
[オピニオン] 【対談】金暎勲 × 洪熒 「再び問う 大韓民国」<下>  (2013-08-15 23:48:59)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません