統一日報 オピニオンセクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 > オピニオン [総件]
【寄稿】習近平と平和が築けるか
独裁者を国賓として招くことは全体主義体制への屈服である
三浦 小太郎(評論家)  現在、韓国で起きている文政権への国民抵抗は、単なる保守派と従北派の対立ではない。自由民主主義と全体主義との事実上の戦争であり、ここでは如何なる妥協もあり得ない。香港における当局と市民の対...
【寄稿】「海外養子同胞に複数国籍を」
韓佑成・在外同胞財団理事長
 過去数十年間にわたり本人の意に関係なく外国に送ったまま放置してきた数十万の我が国民に対し、政府はどのように対応すべきだろうか。海外に養子として送られた子どもとその2世・3世、つまり海外養子同胞に関する件だ。 1...
北送事業60周年の年に
いまこそ歴史的検証と被害者救済の取り組みを
三浦小太郎(評論家)  今年こそ、日本と韓国の間で、そして北朝鮮との間でも解決しなければならない「歴史問題」がある。それは慰安婦問題でも徴用工でもない。「北送事業」という、いまだに未解決の、かつ現在進行形の歴...
タイトル 登録日
[オピニオン] 【寄稿】韓商連問題解決に向けて 「最終合意書」の履行で平和的解決を (2014-07-16 16:00:22)
[オピニオン] 【寄稿】金正恩の「白頭血統」は偽物 (2014-07-09 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 6月民主抗争 反体制の非暴力と体制の決断 (2014-06-18 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 義戦の一環としての伊藤博文射殺―安重根=テロリスト観の視野の狭さ (2014-06-11 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (下) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (中) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 6.15宣言の今日的意味を問う (上) 韓国現代史研究家・金一男 (2014-06-04 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】 体制と反体制 光州5.18 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-21 00:00:00)
[オピニオン] 【寄稿】体制と反体制 済州道4・3事件 韓国現代史研究家・金一男 (2014-05-14 00:00:00)
[オピニオン] <コラム>民団はなぜ総連会館競売を見過ごしたのか (2014-04-23 00:00:00)
[オピニオン] <寄稿>東アジア共同体と民族統一(下)  金一男 (2014-04-09 00:00:00)
[オピニオン] 寄稿「東北アジア共同体と民族統一」(中)―韓国現代史研究家 金一男 (2014-04-02 03:53:12)
[オピニオン] 【時論】民団の目指すところは何か (2014-02-13 04:12:17)
[オピニオン] 蔡東旭と文在寅の共通点  (2013-10-09 00:00:00)
[オピニオン] 【対談】金暎勲 × 洪熒 「再び問う 大韓民国」<下>  (2013-08-15 23:48:59)
[オピニオン] 【対談】金暎勲 × 洪熒 「再び問う 大韓民国」<中> (2013-08-15 23:45:42)
[オピニオン] 【対談】金暎勲 × 洪熒 「再び問う 大韓民国」<上> (2013-08-15 23:38:05)
[オピニオン] 映画「日本国憲法」ジャン・ユンカーマン監督に聞く (2013-07-19 11:22:04)
[オピニオン] 韓日連帯への課題 思想・価値観の視点(4)  (2013-06-12 00:00:00)
[オピニオン] 韓日連帯への課題 思想・価値観の視点③ (2013-06-05 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません