統一日報 オピニオンセクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-05-16 07:23:53
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 > オピニオン [総件]
2018年情勢展望 金璡インタビュー
親中路線はフィンランド化への道 韓半島の運命に介入する歴史の神
 中央日報時代に同社を代表する政治専門記者として優れた情勢分析で有名だった金璡氏に、東アジアの現状変更と関連して世界中が金正恩体制の崩壊を目撃するかも知れない2018年の韓国情勢に対して聞いた。金璡氏は左傾化する中...
反国家団体に便宜を図る文政権
 文在寅大統領が光復節祝辞で、在日同胞の国籍を問わず、故郷を訪問することができすると明らかにした後、日本など海外の反国家団体と利敵団体が、旅券法と国家保安法などによる規制を無力化させる「入国規制を解除闘争」を展開し...
瀬戸際戦術を駆使し米国との平和協定締結を
狙う北韓の戦術とは
金暎勲 駐ワシントン本紙論説委員  冷戦時代の開発競争は、ミサイルを軸に行われた。北韓は核爆弾を開発し、運搬手段として、今般のICBMを開発した。 北韓は6・25戦争の休戦後、核開発に着手し、これまでに5回...
タイトル 登録日
[オピニオン] なでしこジャパンを他山の石に=編集余話 瞻星台 (2011-07-21 14:27:01)
[オピニオン] いつの間にか南北は「整形大国」に=編集余話 瞻星台 (2011-07-12 22:09:48)
[オピニオン] 韓半島問題で立ち遅れた市民団体=編集余話 瞻星台 (2011-07-05 21:19:08)
[オピニオン] 節義と廉恥の心失った政治=編集余話 瞻星台 (2011-06-29 09:53:27)
[オピニオン] 従北勢力にとっての6・15=編集余話 瞻星台 (2011-06-21 23:54:06)
[オピニオン] 寄稿 なぜ、安重根は「義士」なのか(下) (2011-06-15 04:35:00)
[オピニオン] あきれた秘密接触暴露=編集余話 瞻星台 (2011-06-15 04:20:00)
[オピニオン] 寄稿 なぜ、安重根は「義士」なのか(上) (2011-06-08 00:14:57)
[オピニオン] 日本人の礼儀正しさ 2000年前から!?=編集余話 瞻星台 (2011-06-07 23:55:53)
[オピニオン] もっと日本を大切に思う心を=編集余話 瞻星台 (2011-06-01 10:10:12)
[オピニオン] 原発処理の遅延が被害を大きくする=編集余話 瞻星台 (2011-05-25 01:43:14)
[オピニオン] やはり炉心溶融していた!=編集余話 瞻星台 (2011-05-17 23:44:45)
[オピニオン] 焼き肉の文化、刺身の文化=編集余話 瞻星台 (2011-05-11 09:41:39)
[オピニオン] 無謬性の誤謬=編集余話 瞻星台 (2011-04-27 00:00:00)
[オピニオン] 「同じ民族」より「同じ国民」を先に=編集余話 瞻星台 (2011-04-20 00:00:00)
[オピニオン] 「寄稿」どうする原発 発電と送配電の分離を宣言すべき (2011-04-20 00:00:00)
[オピニオン] レベル7、この1ヵ月で見えたもの=編集余話 瞻星台 (2011-04-13 00:00:00)
[オピニオン] この時期、教科書の領土主張は・・・=編集余話 瞻星台 (2011-04-06 00:00:00)
[オピニオン] 「投書」一日本人として韓国に感謝の意 (2011-03-30 00:00:00)
[オピニオン] 開かれた心で=編集余話 瞻星台 (2011-03-30 00:00:00)
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]..
「日韓クロッシング」の韓国太極旗集会...
虐殺者の金正恩を道連れと呼んだ文在寅
金正恩体制でのCVIDは不可能
「板門店宣言」は自由民主国家の自殺
「韓国フェスティバルin名古屋」先月...
ブログ記事
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
“良識が麻痺した韓国人に正気を取り戻すためには在韓米軍を撤収せよ”
満州がやって来る(歌, "만주가 찾아오네")
偽の世論、偽の民主主義、偽の平和
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません