統一日報 オピニオンセクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-22 12:59:03
Untitled Document
社説
オピニオン
ホーム > 主張 > オピニオン [総件]
【寄稿】千年後の韓日関係を見据えて(下)
江原道日本本部本部長 姜秉直
 天災地変が原因で愛する日本人が苦痛を受けてはならないと考えるので、福島放射能汚染水の処理案を提案したい。 まず、東日本大震災は日本の過ちではない。どの国でも起こりうる自然災害なのだ。日本は世界で唯一、原爆が投下...
【寄稿】千年後の韓日関係を見据えて(上)
江原道日本本部本部長 姜秉直
 3021年には兄弟より近い関係になっている韓日両国―その準備のため今年の1月20日、私は海を渡って成田空港に到着し、日本で江原道製品と江原道を広報している。去る5月31日は「韓国の海の日」だった。韓国が21世紀の...
【論考】拉致問題はなぜ解決しないのか
事態の進展には北韓の民主化が不可欠
荒木 和博  北送事業から61年が経ち、未だに拉致問題が解決しないのはなぜか。 「個人的には、日本自身にも問題があると思う。大きな要因の一つは、戦後の日本の問題だ。自衛せず米国に守ってもらっているという構図が、...
タイトル 登録日
[オピニオン] なでしこジャパンを他山の石に=編集余話 瞻星台 (2011-07-21 14:27:01)
[オピニオン] いつの間にか南北は「整形大国」に=編集余話 瞻星台 (2011-07-12 22:09:48)
[オピニオン] 韓半島問題で立ち遅れた市民団体=編集余話 瞻星台 (2011-07-05 21:19:08)
[オピニオン] 節義と廉恥の心失った政治=編集余話 瞻星台 (2011-06-29 09:53:27)
[オピニオン] 従北勢力にとっての6・15=編集余話 瞻星台 (2011-06-21 23:54:06)
[オピニオン] 寄稿 なぜ、安重根は「義士」なのか(下) (2011-06-15 04:35:00)
[オピニオン] あきれた秘密接触暴露=編集余話 瞻星台 (2011-06-15 04:20:00)
[オピニオン] 寄稿 なぜ、安重根は「義士」なのか(上) (2011-06-08 00:14:57)
[オピニオン] 日本人の礼儀正しさ 2000年前から!?=編集余話 瞻星台 (2011-06-07 23:55:53)
[オピニオン] もっと日本を大切に思う心を=編集余話 瞻星台 (2011-06-01 10:10:12)
[オピニオン] 原発処理の遅延が被害を大きくする=編集余話 瞻星台 (2011-05-25 01:43:14)
[オピニオン] やはり炉心溶融していた!=編集余話 瞻星台 (2011-05-17 23:44:45)
[オピニオン] 焼き肉の文化、刺身の文化=編集余話 瞻星台 (2011-05-11 09:41:39)
[オピニオン] 無謬性の誤謬=編集余話 瞻星台 (2011-04-27 00:00:00)
[オピニオン] 「同じ民族」より「同じ国民」を先に=編集余話 瞻星台 (2011-04-20 00:00:00)
[オピニオン] 「寄稿」どうする原発 発電と送配電の分離を宣言すべき (2011-04-20 00:00:00)
[オピニオン] レベル7、この1ヵ月で見えたもの=編集余話 瞻星台 (2011-04-13 00:00:00)
[オピニオン] この時期、教科書の領土主張は・・・=編集余話 瞻星台 (2011-04-06 00:00:00)
[オピニオン] 「投書」一日本人として韓国に感謝の意 (2011-03-30 00:00:00)
[オピニオン] 開かれた心で=編集余話 瞻星台 (2011-03-30 00:00:00)
..[11][12][13][14][15][16][17][18][19]
ソウルを東京に擬える 第15回 政治の舞台
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
観客を魅了する魂の踊り
【社説】大韓民国は北韓解放のためにも...
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません