ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > 特集
2019年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
朴槿恵前大統領弾劾政変の真相
「民主化勢力」偽装のもと行われた職業革命家主導の反乱

 2016年10月、朴槿惠前大統領と崔順実氏の政治スキャンダルが発覚。大規模な抗議デモ、大統領弾劾、罷免、逮捕へと繋がっていく。しかし、このような権力型詐欺・不正は以前の政権にもあった。なぜ今回は現職大統領が退陣する事態となったのか。裁判の過程で次々と湧いてくる疑惑、これまでの流れを追って、朴槿惠前大統領の弾劾はどういう意味を持っていたのかを考察する。

弾劾政変までの主な動き
2016年
7月26日 TV朝鮮が「安鐘範・青瓦台政策調整首席秘書官が文化財団ミルに500億ウォン募金を支援」と報道

9月20日

ハンギョレ新聞が崔順実の名前を報道(本格的扇動報道開始)
9月29日

投機資本監視センター(民労総系)が、崔順実、安鐘範、全経連関係者、財団など100人余をソウル中央支検に告発

同日、警察に10月29日の光化門集会の届を提出

10月5日 ソウル中央支検は、投機資本監視センターの告発を刑事8部に割り当てる
10月24日 JTBCが崔順実所有とするタブレットPCを報道(ねつ造報道開始)
10月29日 大統領の下野を求める最初のロウソク集会がソウル市清渓広場で開かれる
10月30日 ドイツから帰国した崔順実が逮捕される
11月5日 鄭東泳(国民の党)が弾劾議論に着手すべきと主張
11月12日 法院は「民衆総決起集会」の青瓦台近くへの行進を許可
11月20日 検察は「朴槿惠自身が崔順実の犯行に加担した」と発表
11月23日 金賢雄・法務部長官、崔在卿・青瓦台民情首席秘書官が辞任を表明
11月29日 大統領が3度目の国民向け談話で、任期前の辞任意向を表明
11月30日 大統領が特別検事に朴英洙を任命
12月2日 野党三党(共に民主党・国民の党・正義党)が弾劾訴追案を発議
12月6日 議員らからなる特別調査委員会の聴聞会開催
国会で弾劾訴追案可決
12月9日 大統領権限停止
黄教安首相が大統領代行
最初の太極旗集会が国会前で開かれる。以後、毎週土曜日に集会を開催
12月16日 弁護団より答弁書提出
12月24日 弾劾反対の太極旗集会がロウソクデモを上回る(以後継続して上回る)
2017年  
1月7日

2万4000人参加のロウソク派集会、3万7300人参加の太極旗集会が開かれる

2月28日 特別検査官チームによる捜査終了
3月10日 裁判官8人全員一致で大統領罷免を決定
3月21日 朴槿惠前大統領が収賄容疑で検察による事情聴取(14時間)を受ける
逮捕状請求
3月31日 午前3時40分、朴槿惠前大統領逮捕
弾劾政変までの流れ


崔順実事態は、民労総(全国民主労働組合総連合)系の投機資本監視センターが崔順実氏や安鐘範氏らを告発したことから端を発した。16年10月24日にタブレットPCの存在と現職大統領の関与が報道され、国政が大混乱に陥った。
朴槿惠前大統領は国民に向け謝罪し、検察の捜査に応じると表明。しかし国民の怒りは収まらず、野党とメディアは大衆扇動を選択した。側近の安鐘範・元政策調整首席秘書官が、逮捕前にメディアに対し「大統領の指示でやった」と述べたことなども、国民感情に大きく影響した。
共に民主党の秋美愛代表、国民の党の朴智元・非常対策委員長、正義党の沈相奵代表らがデモに参加するなど野党の政権奪取活動が露骨になり、不支持の割合が90%を超える事態となり、大統領に残されたのは退陣の道のみとなった。
このとき、野党は国会がもつ弾劾という権限を使おうとせず「退陣」「下野」のみを主張。軍の統帥権を差し出せとの憲法違反となる要求を行っていた。
11月20日、検察は一連の疑惑に朴大統領も共犯関係にあるとの判断を下す。金賢雄・法務部長官や崔在卿・青瓦台民情首席秘書官ら側近が辞意を表明。朴槿惠大統領当選に貢献した金武星議員が、親朴派から離脱し弾劾を表明する。この時期から、野党と与党セヌリ党の非主流派は弾劾手続きへと方針を決定する。
大統領は29日に3度目の国民向け談話を発表し、自身の進退問題は国会に任せ、与野党で合意が得られるなら任期前に辞任してもよいという意向を表明した。これは与党主流派の自発的退陣論に沿った形だったが、翌月2日に野党3党から弾劾訴追案が発議された。
9日、議員定数300人のうち299人が参加し、賛成234人で弾劾訴追案が可決された。同日大統領権限が停止される(大統領としての地位は維持)。翌年3月10日に憲法裁判所において裁判官8人全員一致で罷免が決定。即日失職した。国会の大統領弾劾訴追議決から罷免が決定するまでの期間は91日。法律に定められている弾劾審判期間(180日)の半分だった。
朴槿惠前大統領は、収賄罪や強要罪など18の罪状で起訴されていたが、4月6日の第1審判決で懲役24年、罰金180億ウォンの実刑が言い渡された。続く第2審(8月24日)では、懲役25年、罰金200億ウォンとさらに重い判決が出た。国庫損失罪による懲役6年(追徴金33億ウォン)、公職選挙法違反の懲役2年を加えると、懲役33年にも及ぶ。しかし、唯一の物証とされたタブレットPCは公開されず、崔順実氏との共謀過程や収賄額の確認もできていない状態だ。

太極旗部隊の抵抗

この一連の騒動に対し、疑問を呈している団体はもちろん存在する。崔順実事態が報道された年の12月には国会前で最初の太極旗集会が開かれ、以降土曜日ごとに街頭に出て朴槿惠大統領を支持する声を上げた。そして月末にはろうそくデモを上回る人数が集まるようになった。
韓日有志によるデモ
 弾劾後に誕生した文在寅政権の正体も暴露され始める。政権が強引に推し進める全体主義独裁体制の言論弾圧に対し、知識人が集団で立ち上がった。18年9月10日には「タブレットPCの鑑定と邊熙宰釈放のための知識人連帯」が「裁判所は邊熙宰を不拘束とし、タブレットPCを精密鑑定せよ」と訴えた。29日には大学生ら主導の集会が開かれた。これは、現政権に対する批判の声が若い層に広がってきたことの表れだ。
10月には特別裁判所設置を強行する文大統領に対し、ソウル市庁前で政治家も参加した集会で、文在寅政権退陣要求を叫んだ。そして31日、3000人が署名して文在寅を與敵罪で告発した。
崔順実事態から2年以上が経過し、朴槿惠前大統領弾劾政変の全体像がどうやら見えてきたようだ。弾劾により誕生した現政権の目標は、韓国を「親中国・南北韓連邦国」にすることにある。太極旗集会は、憲法と韓米同盟を守るために太極旗を持って街頭に出る。日本人有志が参加するようにもなってきた。現政権の陰謀はもはや隠し通せるものではない。韓日有志が連帯すれば、南北政権の打倒も可能だ。

関連記事=http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=85440&thread=08

2019-01-01 17面
뉴스스크랩하기
特集セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません