ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 特集
2018年09月02日 22:13
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「都心の中の別荘」明洞ロイヤルホテルソウル
ミシュランガイド2018に掲載 

南山タワーが一目で入るロイヤルホテルの21階クラブラウンジ

 明洞はソウルの中心にある。交通が至便で、ビジネス、観光、ショッピングの全てが叶う地だ。そこに構えるのが、在日同胞たちが愛用する「ロイヤルホテルソウル」だ。
今年で開館48年目を迎えるロイヤルホテルは2015年、大々的なリニューアルを実施し、ホテルの全フロアを一新した。マンダリンオリエンタルホテル東京と中国のW Guangzhouホテルを設計した野村A.N.Dのデザインだ。既存の古典的な情緒を生かしつつ「都心の中の別荘」というコンセプトで快適な雰囲気を演出することをモットーとした。
特に、ホテル玄関のフロントデスク正面からは木と滝で造成された庭園が目に入る。このレイアウトが、訪れた人々の感性に訴えかけるのだ。
ホテル最上階の21階「グランドキッチン」は全面ガラス張りの仕様で、ソウルの全景をパノラマで鑑賞しながら食事を楽しむことができる。ここでは季節ごとに異なる食材を基に、2カ月ごとにディナーメニューを変えている。4万?から11万?のコースまで、様々なメニューが選択できることもメリットだ。
ロイヤルホテルは一方、「ミシュランガイドソウル2018」にも掲載された。国内ホテルの中でランクインしたホテルは全36カ所。ロイヤルホテルはサービスの充実度と快適な環境を認められ、2年連続で「非常に快適(very comfortable)等級を獲得した。

뉴스스크랩하기
特集セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません