ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 特集
2018年02月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【平昌五輪特集】競技以外の楽しみも 文化オリンピック3選

K-POPワールドフェスタ
 氷上と雪上で繰り広げられるスポーツ競技だけが平昌オリンピックの魅力ではない。目と耳、全身で楽しめるカルチャーの饗宴「平昌文化オリンピック」がほぼ毎日開催される予定だ。崔文洵江原道知事は「文化オリンピックは歴代のどのオリンピックでも見ることのできなかった初の試み」と自負する。世界の人々と共に楽しむ韓国文化とエンターテインメント、フェスティバルの中から、無料で体験できるおすすめイベント3つを紹介する。(平昌=李民晧)

◆イベント(1)K―POPワールドフェスタ
日本でも人気の韓流スター、スーパージュニアとボアをはじめ、キム・ボムス、ペク・チヨンら韓流スターたちによるK―POP公演が行われる。さらに、DJショー、フェイスペインティング、カリグラフィーイベントなど多彩なプログラムが目白押しで、まさに文化オリンピックならではといえるだろう。
→江陵原州大学のグラウンドで2月10日、17日、24日の午後6時~7時30分。

◆イベント(2)韓日中オリンピックカルチャーロード
カルチャーロード

オリンピックの成功を願い、韓国、日本、中国が伝統劇を行う。テーマは「OneAsia,OneOlympic」。10日の初舞台では、旌善アリランをベースにした韓国の伝統劇「アリアラリ」を披露する。16日には、3カ国合同で「ハムレット アバター」を公演。チケットは、チケットリンク文化オリンピック専用窓口で無料予約できる。
→旌善アリランセンターで2月10日、14日、16日の午後6時~。

月光湖水
◆イベント(3)ライトアートショー「月光湖水」

江原道の情緒が感じられる見所も満載だ。関東八景のうち、最も名高い江陵・鏡浦湖では、毎日夕方にライトアートショー「月光湖水」が行われる。鏡のように透き通った鏡浦湖の水面に、光で月・葦・歩道を融合させ、韓国的な美を表現する。
→江陵鏡浦湖で毎日午後7時、8時、9時から各10分間。

2018-02-07 4面
뉴스스크랩하기
特集セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません