ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-30 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 特集
2019年12月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
★ニュースで振り返る2019年★

2019年も残すところ半月余りとなった。今年は韓国にとって激動の一年となった。社会主義化を進める文在寅政権の迷走、徴用工問題をはじめ戦後最悪とまで言われる韓日関係、GSOMIAをめぐる米国との関係悪化など、混迷を極めている。本紙が選ぶ重大ニュースをピックアップした。

(1)文政権弾劾へ 太極旗集会が激化

文政権に対する国民抵抗運動が激化。特に70万人が参加した10月3日の国民決起以来、光化門の「李承晩広場」を中心に自由右派の激しい攻勢が続いている

(2)6.30米朝首脳会談開催

トランプ大統領と金正恩委員長が会談。トランプ大統領は南北軍事境界線を歩いて越えた

(3)曺国法務長官辞任

文政権が強硬指名した曺国法務長官にさまざまな疑惑が浮上。わずか35日で辞任に追い込まれた

(4)徴用工・GSOMIA問題 揺れる韓日関係

徴用工問題、半導体先端素材に対する輸出管理の強化など、韓日間にさまざまな問題が起こった。GSOMIA破棄に対しては、韓米間の安保棄損につながる懸念もあり、国内からも反対の声があがった

(5)尹東柱が韓国の教科書に

尹東柱が韓国の教科書に在外同胞の詩人として記載。現行の教育課程で在外同胞との言葉が明記されるのは初

(6)BTS 4部門でギネス記録

人気グループBTS(防弾少年団)が「24時間で最も視聴されたYouTubeビデオ」ほか、4つのギネス記録を達成

(7)高真榮選手が女子プロゴルフランク1位

賞金女王・高真栄選手がLPGA女子プロゴルファー世界ランキング1位に

2019-12-11 3面
뉴스스크랩하기
特集セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
金大中・三男の目に余る「積弊」
文政権のレームダック化 顕著に
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません