ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2019年10月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
決戦に出た脱北者
「金日成永生教」庇護勢力と対決

 文在寅政権に対する3日の国民決起の後、青瓦台への行進の先頭に脱北者たちがいた。彼らは脱北「母子の餓死」事件に抗議するため、青瓦台進入を試みた。警察の阻止線を突破して逮捕された46人は、女性を含め脱北者がほとんどだった。許光日・北韓民主化委員長は拘束された。
脱北者たちが青瓦台への先頭に立ったのは、文政権が脱北者たちの生存権を脅かしているためだ。文政権は、脱北者団体への支援中断はもちろん、特に左翼地方自治体や従北勢力が脱北者、自営業者を虐めているのはよく知られた事実だ。
最近、警察が示威現場で右派活動家や脱北者たちに暴力的に対するケースが増えている。こういう事情から、脱北者らが「金日成永生教」を庇護する文政権との決戦の出たのは当然だ。
「法治と自由民主主義連帯(NPK、代表・都泰佑弁護士)」は7日、犯罪の証拠を隠滅している曺国の妻の鄭慶心を拘束し、許光日委員長を釈放するよう要求した。リバティ・コリアポストの李愛蘭代表も、脱北者の逮捕に抗議した。

2019-10-09 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません