ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-26 08:32:22
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年05月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本射程の「北極星2」
統合ミサイル体系に拍車

 金正恩が、中距離弾道ミサイル「北極星2」の大量生産と実戦配備を指示した。射程2000キロ前後とみられる北極星2は、日本全土を攻撃可能。在日米軍への攻撃を担当する部隊にも配備される。
ミサイルは、固形燃料を用い、移動式発射台から「コールド・ローンチ」方式で発射されるため、事前探知が困難だ。北韓が多様なミサイルを連続して試射しているのは、短距離ミサイルからICBMまで統合ミサイル体系の構築を狙っているためと分析される。
北極星2の脅威に直接さらされる日本では、従来の防衛システム(宇宙空間で迎撃するSM3と、地上近くで迎撃するPAC3)では不十分と判断。その中間をカバーするTHAADや陸上配備型イージス(イージス・アショア)の配備も検討されている。

2017-05-31 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません