ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年01月12日 12:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中国、北石炭輸入か
国連制裁は上限設定

 中国が今年に入り、北韓からの石炭輸入を再開したとの疑惑が浮上した。疑惑を報じた「ボイス・オブ・アメリカ」によると、北京から東に約300キロ離れた秦皇島港付近の海上で、北韓のバルク船3隻が衛星で捕捉された。同港のほかにも北韓船が停泊・待機している港があり、一部では石炭と見られる黒い物体が山積みされていることが分かった。
昨年11月末に国連安保理で採択された制裁決議2321号は、北からの石炭輸入を年間750万トン、あるいは約4億ドル分を上限と定めている。規定は今年1月1日から適用されている。中国は昨年12月、制裁の履行に備えて北韓からの石炭輸入を一時的に停止すると発表していた。
石炭は北韓の外貨獲得源の柱の一つ。最大の取引相手国は中国だ。今回の取引が実際に行われた場合、どれほどの量・金額になるか定かではないが、国連は監視を強化している。制裁が着実に履行されれば、北韓の石炭輸出は6割以上減ると試算されている。

2017-01-12 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません