ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年11月02日 00:53
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
安保理決議だけでなく対北圧力の強化も確認
韓日米外務次官協議

 韓日米3カ国の外務次官が10月27日、都内で対北対応などについて協議した。韓国からは外交部の林聖男第1次官らが出席。外務省の杉山晋輔事務次官、米国務省のトニー・ブリンケン副長官らと意見を交換した。
3代表は、核実験を行った北韓に対する国連安保理決議採択に向けて連携していくことを確認。名指しは避けたものの、中国に配慮しつつ進める姿勢も示した。また、北韓への圧力を強化していくことでも意見を一致させた。
協議を終えた代表は、安保理決議の採択を進めるとの考えだけでなく、独自制裁についても言及した。
ブリンケン氏は「われわれは、すでにある制裁決議に加え、独自の制裁も行っているが、さらなる別の手段も検討している」と述べ、米高官が北の核廃棄は難しいとの趣旨を明らかにしたことについては、引き続き圧力を強めていくと強調した。
林聖男次官は協議に先立って杉山次官と会談し、両国関係の発展と韓日慰安婦合意履行の重要性について話し合った。

2016-11-02 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません