ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年11月02日 00:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本も三国制裁か
北の金融網に追撃

 日本政府は独自の対北制裁として、北韓と取り引きのある第三国の企業などへも制裁を加える考えを明らかにした。岸田文雄外相が10月25日、明らかにした。岸田外相は「国際社会と連携しながら、強い圧力をかけていくことが重要だ」と述べた。
米国は6月、第三国の機関や企業に対する金融制裁をいち早く決めている。米国は決定当時、各国政府に対して同様の措置を取るよう求めていた。
米国の決定が先んじているため、日本の決定が国際金融システムにおよぼす影響はさほど大きくないとみられている。ただ、金融制裁の対象となる可能性が最も高い中国に対してのメッセージにはなる。日本政府の制裁発効は国連安保理決議とタイミングを合わせるものとみられているが、米国と足並みをそろえて対北制裁にあたる意思を示す決定といえる。

2016-11-02 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません