ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年11月02日 00:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本も三国制裁か
北の金融網に追撃

 日本政府は独自の対北制裁として、北韓と取り引きのある第三国の企業などへも制裁を加える考えを明らかにした。岸田文雄外相が10月25日、明らかにした。岸田外相は「国際社会と連携しながら、強い圧力をかけていくことが重要だ」と述べた。
米国は6月、第三国の機関や企業に対する金融制裁をいち早く決めている。米国は決定当時、各国政府に対して同様の措置を取るよう求めていた。
米国の決定が先んじているため、日本の決定が国際金融システムにおよぼす影響はさほど大きくないとみられている。ただ、金融制裁の対象となる可能性が最も高い中国に対してのメッセージにはなる。日本政府の制裁発効は国連安保理決議とタイミングを合わせるものとみられているが、米国と足並みをそろえて対北制裁にあたる意思を示す決定といえる。

2016-11-02 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません