ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年10月13日 04:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
また高官亡命
北保健省幹部、韓国に

 北京代表部に駐在していた北韓保健省の幹部が、家族とともに亡命したことが明らかになった。金正恩一家の専用医療施設などを管理する保健省1局に所属していたとされる。5日付の中央日報などが報じた。一時は親族がいる日本への亡命を望んでいるとの報道もあったが、菅義偉官房長官は「そのような事実はない」と否定している。なお、北京代表部からは別の幹部も家族とともに韓国に亡命したという。
今年に入って北韓の高官が亡命するケースが相次いでおり、8月には駐英公使の太永浩氏の韓国入りが明らかにされたばかりだった。高官の相次ぐ亡命・帰順は、幹部の忠誠心低下と北韓政権の不安定さを示すものと捉えられている。
今回亡命した2人は、9月末には韓国入りしたという。朴槿惠大統領は10月1日の演説で、北韓住民や軍人らに向かって「いつでも韓国の自由な地に来ることを望んでいます」と呼びかけていたが、2人の亡命を念頭に入れていた可能性もある。なお、北韓当局は「われわれの最高指導者を侮辱し、脱北を扇動する狂った妄言だ」と反発している。

2016-10-13 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません