ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年02月03日 01:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北「米本土への核攻撃可能」と恫喝
韓国で浮上 「核防御より金正恩排除」

 北韓の国連代表部は1月25日、すでに北が核弾頭の小型化に成功し、ミサイルに搭載して米本土を攻撃できる能力を有しているとの声明を発表した。国連安保理での対北制裁議論を前に、米上下院で制裁案が可決されたことなどへの反発といえる。この声明は、大統領選などのニュースに埋もれ、大きな関心を呼ぶには至らなかった。ただ、北韓が攻撃能力を有していないと侮ることはできない。韓国では核防衛の能力を高めるだけでなく、より踏み込んだ対策、つまり金正恩を排除すべきとの声が高まっている。(溝口恭平)

危機感薄い米

 「米国ではそれほど大きなニュースになっていない。以前にも似たようなコメントは出されている。いまさらといった感じだ」
 米国政府の内情に詳しい現地在住の専門家は話す。米国では大統領選挙関連のニュースが熱を帯び、北の声明の扱いは小さかったという。すでに米政府内には「金正恩は注目して欲しいだけ」と突き放す見方が広まっている。
 ただ、仮に北韓が核攻撃を行った場合、その損害は計り知れない。韓国では、「米国の傘の核」の下に入るという概念はあるが、これは核攻撃を受けたら核攻撃で報復するというものだ。高高度ミサイル防衛(THAAD)システムの配備も検討されているが、複数のミサイルが飛んでくれば撃ち漏らす危険性がある。そうなった場合、攻撃された南も、報復される北も、甚大な被害は免れない。「韓民族が消える」という懸念の声もある。
 韓国軍は昨年、金正恩の「除去」を視野に入れた特殊部隊を編成していると明らかにした。北の「米本土攻撃」声明を受け、韓国社会でもその必要性を訴える声が高まっている。

2016-02-03 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません