ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2010年02月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正日の秘密口座を追う(上)―中心はスイスかそれとも・・・
狙われる欧州の「タックス・ヘイブン」

 金正日が「タックスヘイブン」(租税回避地)に隠している秘密口座を市民らが追及している。秘密口座を暴くことは、通貨偽造・麻薬密輸・武器不法輸出など犯罪によって得た利益の最終目的地を突き止めることであり、核開発を指揮する北トップの秘密口座凍結につながる意味を持つ。拉致被害者の救出をめざしている人権団体「ヒューマンライツ・イン・アジア」(東京・新宿)の加藤健代表も金正日の個人口座を暴こうと各国に働きかけている一人。秘密口座を追った。

  
 個人資産40億ドル?

 ジョン・マケイン米上院議員は03年1月、米紙「ウィークリー・スタンダード」で金正日秘密口座の凍結を呼びかけた。金正日の個人口座の存在が国際世論上公になるきっかけの一つだった。マケイン議員は「米国は金正日がタックスヘイブンの銀行口座に隠している個人資産40億ドルを凍結するための国際的取り組みを奨励すべきである」と述べた。
 06年4月には、クリストファー・ヒル米国務次官補が、金正日の秘密口座の存在を記者会見で示唆する発言もあったが、その後目立った動きはみられなかったという。
 北朝鮮の政府予算は「党予算」と「政務院予算」の二重構造になっている。予算額は明らかにされておらず、年間数百億ドルから数千億ドルと、専門家でも意見が分かれている。
 党予算は、朝鮮労働党が上げた予算案を金正日が決裁する方式で確定される。政務院予算は国家計画経済委員会が作った予算案を最高人民会議で議決する形で成立する。党予算は政務院予算の1・5倍から2倍だという。
 金正日の秘密資金は、党予算の中から金正日が独断的に使う資金と見られている。党に入る資金はほとんど金正日個人の資金であり、党予算と金正日の個人資金の境界は曖昧だ。
 
 原資は「忠誠の資金」
 
ルクセンブルク中央銀行(上)とスイス国立銀行。金正日の隠し資産が預けられているといわれるが・・・
 それでも金正日個人の秘密資金を管理する部署は設けられている。財政経理部傘下の「39号室」だ。北朝鮮の外貨獲得活動は「忠誠外貨稼ぎ」と「群衆外貨稼ぎ」の二つに分けられる。「忠誠外貨稼ぎ事業」こそ、金正日秘密資金のパイプラインだ。
 軍高位幹部の脱北者によると、95年当時の金正日の個人資産は20~30億ドル。人民武力部をはじめとした党傘下のすべての機関と「外貨稼ぎ会社」が予算の30%を毎年「忠誠の資金」という名目で上納したとインタビューに答えている。
 当時テソン貿易総会社(金正日直属の貿易会社)から1億ドル以上、朝鮮統一発展銀行から3000万ドル以上が金正日に渡ったという。「忠誠の資金」は年間約1200トン収穫されるマツタケと、金販売の収益からも出された。額は双方約1億ドルだったとみられる。「金正日の誕生日(2月16日)ともなれば、平均1億ドル以上、景気が良ければ3億ドルも集めました」と、前出の脱北者は答えている。
 
 秘密口座の所在地

 秘密資金を蓄える口座は当初、銀行の機密保持性が高いところに設けられた。加藤代表はスイスにあったと推測している。
加藤代表と各国金融当局間で交わされた書簡

 スイスやロシアには金正日が実質的に所有する別荘があり、スイスに住む妹夫婦は、金正日の指示でその別荘を管理していた。三男のキム・ジョンウンが留学していたのもスイスだ。
 スイスに秘密口座があったことについては韓国紙も報じている。加藤代表はすでに国外に移されたとみているが、詳細は明らかになっていない。
 スイスは、預金者の個人情報保護には他国以上に尊重する姿勢を示していたが、数年前から犯罪収益や独裁者の財産については厳しく管理をしている。
 
 謎のルクセンブルク往復
 
 スイスは「歓迎されざる資金」として、フィリピンのマルコス、ナイジェリアのサニ・アバチャ、ペルーのブラディミロ・モンテシノスの実名を挙げて拒絶宣言をしている。ただ金正日の場合、ケイマン諸島やルクセンブルク、オーストリアなどでペーパーカンパニーを設立し、その会社名義でプライベートバンクに金を預けていると推測される。
 加藤代表はルクセンブルクに注目。スイスで資金管理をしていた北朝鮮の高官がルクセンブルクに何度となく往復していることがその根拠になっている。
 同代表は欧州委員会の委員らに北朝鮮の国家犯罪とマネーロンダリング疑惑の存在を訴え、ルクセンブルク政府には調査を求める書簡を発送している。

 

(取材班)

2010-02-10 3面
 
金正日の秘密口座を追う(下)―BDA口座凍結で見えた北の焦り
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報社  
この記者の他のニュースを見る
北韓問題セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません