統一日報 小説セクション
ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-01-26 00:00:00
Untitled Document
テーマ特集
小説
広告
4コマ
ホーム > アーカイブ > 小説 [総件]
序曲(67) 金鶴泳
 洋子のアパートは、保谷駅の南口から西の方向に五分ほど歩いたところにあった。入口の横に、「緑荘」と書かれた看板が掲げられていた。  祥一の住んでいるアパートと同じく、一階と二階が四部屋ずつになっているが、祥一のア...
序曲(66) 金鶴泳
 自制心から祥一は保谷にはまだいちども行っていなかったが、直江津旅行から帰って数日後、池袋で洋子に逢ったとき、彼ははじめて、 「これから、君のアパートに行っていいかい」  といった。  その日も土曜日の午後だ...
序曲(65) 金鶴泳
 浜辺で二人並んで坐っているうちに、ふと祥一の手が洋子の手に触れた。砂浜に後ろ手に突いていた手の位置をちょっと移したら、そこに洋子の手があったのだ。  彼は、洋子に顔を向けた。触れた手を握ると、波を見ていた洋子は...
タイトル 登録日
[小説] 序曲(4) 金鶴泳 (2008-08-24 00:00:00)
[小説] 序曲(3) 金鶴泳 (2008-08-20 00:00:00)
[小説] 序曲(2)  金鶴泳 (2008-08-19 00:00:00)
[小説] 序曲(1)  金鶴泳  (2008-08-18 00:00:00)
[1][2][3][4]
【投稿】常識の通じない困った人たち
朴槿恵大統領 赦免・釈放
各地で地方協議会開催
3代世襲・金正恩政権の10年
世界に広がるハングルブーム TOPI...
ブログ記事
黒柳徹子
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
自由統一
レッドラインを越える北韓
ポスト金正恩 平壌の権力闘争
金正恩体制、突然の崩壊も
3代世襲・金正恩政権の10年
金正恩体制最後の堡塁


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません