ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-05-21 12:45:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2023年05月16日 10:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新解釈・日本書紀 応神<第79回>
伴野 麓

■鴨別(笠臣の祖)
御友別の弟の鴨別が、日本書紀・神功紀に登場するのは、時代的に合わないが、笠氏は、稚武彦の孫の鴨別に発するという。鴨別は、吉備波区芸県を賜り、笠臣の祖になったといい、旧事本紀によれば、鴨別8世孫の笠三枚臣が笠国造になった。波区芸(はくぎ)の地名は早くから消失して不詳とされるのが、現在の笠岡あたりの地と推定され、鴨別の本拠の地とされている。
旧事本紀・国造本紀には、阿岐(安芸)と大島(周防)の間に、「波久岐国造、瑞籬朝、阿岐国造同祖、金波佐彦孫、豊玉根命定賜国造」との記述がある。和名抄に「備前国津高郡賀茂郷」があり、現在の加茂、福山の地に比定されている。
新撰姓氏録には「笠臣、笠朝臣同祖」とあり、笠=賀佐の姓は、応神朝の時に賜ったものとある。
いにしえ、山陰を波々岐といい、山陽を波区岐といっていたといい、波区岐は備後の内郡(うちごほり)の旧号ではないかとみられている。備後は、瀬戸内海に面する南部を外郡(そとごほり)と称し、山間部の北部を内郡と称した。波区芸は、山陰道の伯耆とその呼び名が似ているが、別地であるということだ。
和名抄に「備中国浅口郡間人郷」があり、間人を「萬無土(まむと)」と読んでいる。同書・高山寺本では「波之布止(はしふと)」と読む。今は萬無土という地名はなく、柏崎村、黒崎村あたりに推量されている。
『大同類聚方』に「間人薬、其原波応神帝之方也」とある。大同類聚方にはまた、「鴨別薬、山城国紀伊郡、藤森神戸等家伝也、元老大已貴神方也」とある。藤森神社の祭神は、俗説に舎人親王あるいは早良親王といわれるが、付近に旗塚(秦塚)など秦氏の墓と見られるものがあることから、本来は秦氏の祖神を祭ったものと推考されている。秦氏の祖神以前は、鴨別あるいは大已貴などが祭神と見られるという。
■稲速別(下道臣の先祖)
稲速別は、兄彦のまたの名で、新撰姓氏録・左京皇別に、「下道朝臣、吉備朝臣同祖、稚武彦命之孫、吉備武彦命之後也」とあり、旧事本紀・国造本紀に「下道国造、軽島豊明朝御世、元封兄彦命、亦名稲速別、定賜国造」とある。
仲哀を父、弟橘姫を母とする稚武彦がいて、同じ名前の稚武彦は孝霊の子で吉備臣の先祖となっている。稚武彦は、古事記では若日子建吉備津日子(吉備下道臣・笠臣之祖)と記されている。
古事記は吉備津彦を吉備上道臣の祖先、腹違いの弟の若日子建吉備日子を吉備下道臣・笠臣の祖先としているが、日本書紀は腹違いの弟の稚武彦が吉備臣の始祖であると伝える。
吉備臣は5世紀前半、天皇陵に匹敵する造山古墳(岡山市)、作山古墳(総社市)などの巨大前方後円墳を築き、日本書紀・雄略紀には、吉備臣の一族と大和朝廷との抗争事件が記されている。吉備臣一族のなかでも下道臣は殊に盛族であったという。

2023-05-17 6面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
金永會の万葉集イヤギ 第10回
尹大統領、就任2周年記者会見
金永會の万葉集イヤギ 第11回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません