ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > 連載
2020年07月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
キスン便り(第21回) 韓国と日本の相違6

 韓国人の「公」や「正義」は局面によっては、派閥の利益しか意味しません。本音と建て前が違うのですが、多くの人は建て前を本音だと信じ切っています。

 なぜかと言うに、歴史がそうさせるのです。韓国は大小数えると三十年に一度、外国の侵略を受けています。平和な時には派閥間で内紛をし、殺し合います。一生の間に二度や三度は、命の危険を感じる場所です。天寿を全うするのが困難な地域なのです。だから「安寧ハシムニカ(=意訳すると、無事か?↓生きてるか?)」が挨拶の言葉になりました。韓国人は常に命の危険を感じて逃げ惑ってきた人々ですから、目先のことに反応しがちです。それで韓国人は好きなものから食べ始めます。一方、殆どの日本人は好きなものは後で食べます。しかし韓国でそんなことをしていたら、食べている最中に侵略者がやって来て殺されるかも知れません。だから韓国人は好きなものから食べるのです。
このため多くの韓国人は「公」や「正義」が社会全体のものではなく、自分とチングにしか当てはまらない場合でも、それを無意識の内に主張します。自分たちの主張が通ると、一番最初に得をするのは自分とチングである状況であっても、それを「公」のためだといい、「正義」であると強弁します。韓国を日本の植民地にしたのは、正しくこういう思考法でした。両班は国のために動くべき局面で派閥のために動いて国を失いました。

 韓国人はそうやって三千年間、今日だけを生き延びてきました。明日を考えるように変えるのは簡単ではありません。
光州事件の後の韓国では平和が続いています。おそらく今後も平和が続くでしょう。それは歴史上、未経験の時代です。このため多くの人は平和な時代の対処方法を知りません。意識して自分たちの行動パターンや価値観、その問題点を把握しておかないと、日本との関係は悪化したままになるでしょう。加えて世界経済で、ある程度の存在感を示そうとするなら、内部でつぶし合いをしている現状は他国を利するだけになります。競争相手がいる限り自分たちの能力は生かすべきものであり、つぶし合うものではありません。
私が韓国で勤めていたとき、職員集会に呼ばれたことがありました。そこでは誰それを役員にするのはけしからんと、罵声が渦巻いていました。反対の糾弾決議をしようというのです。私は言いました。

「人事権は経営者の専権事項である。それに対し職員である皆さんが介入しようとしている。それをしても良い、あるいは出来るという根拠を教えて貰いたい。根拠がないのなら、あなた方の要求は不当である」

 その場に居た百人ほど全員の目が点になりました。そして私は二度と職員集会に呼ばれなくなりました。
その後つらつら考えてみるに、彼らは屁理屈でしかない要求をして、給料の僅かな引き上げを勝ち取ろうとしていたのだと悟りました。別に誰が役員になろうと皆は反対するのです。欲しいのはそれを餌にした譲歩だったのです。これと同じことを労働組合もホワイトカラーもします。他の派閥の者が役員になろうとするときには、つるし上げのような査問会を開いてつぶし合います。これは他国を利するだけの無駄な時間です。つぶし合いで研究開発が遅れた韓国は、ノウハウ料を払って外国から知識や技術を買わなければなりません。韓国式の派閥党争は社会的な損失です。派閥を人類からなくすことは不可能ですが、運用方法は時代によって変えなければなりません。現代において戦乱の時代と同じ事をしていてはロスが多すぎます。会社全体の利益、韓国の国益を考えるなら、派閥が異なる者でも、その人に業務遂行能力がある限りは、その人に協力しなければなりません。他社や他国との競争を勝ち抜くには、それが正義なのです。

2020-07-29 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません