ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > 社説
2019年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
全体主義独裁体制との闘争は全自由人の使命

 インド太平洋地域で文明史的な対決が本格化してきた。共産全体主義の中国が、米国に挑戦するためだ。ペンス米副大統領が昨年10月、ハドソン研究所での演説を通じて指摘した通り、先進文明の助けと協力で急成長した中国は、自国を助けた先進文明に敵対している。核武装を目論む金正恩も、トランプ大統領と会談までしたのに、非核化を拒否した。金正恩は、米国に同盟国への核の傘の提供を撤回するよう求め、文在寅に約束したソウル答礼訪問なども無視する。
中国と北、親中文在寅政権の無知と無謀な挑戦のため、韓半島情勢は平昌五輪前へともどり、また険悪になった。もちろん根本的な脅威は習近平の中国共産党だ。そして、中国と北の挑戦や暴走を増長させているのは、韓国の文在寅・主思派(*金日成主義勢力)政権だ。
「ロウソク民衆革命」で合法政府を転覆させ、権力を奪取した文在寅政権は、金正恩の代弁人となって韓国民はもちろん、国際社会を欺いた。文政権の扇動と欺瞞と反逆は悪質そのものだ。
文政権の親中・反米は単なる気質の問題ではなく、自由民主体制の憲法に反して全体主義体制を目指している。今、韓国で行われている司法の暴力と恐怖統治は、アジアの全体主義体制の強化と直結されている。
問題は、文在寅・主思派政権の本性と追求する方向が結局、左翼全体主義独裁、親中・南北韓連邦国家ということだ。主思派政権の目標が中国共産党と同じ全体主義独裁体制の構築なら、これに対する対策はあまりにも重要だ。
全体主義体制との闘争は文明社会の責務だ。全体主義体制との闘争は、自由民主体制の制度的装置だけでは不十分というのが歴史の教訓だ。断固たる意志の結集と高度な戦略が必要だ。
韓半島が全体主義勢力によって支配されるのは、海洋文明勢力にとって決して座視できないことだ。全体主義の克服は、韓国民のみの力では足りない。韓国を支配しようとするのはアジア大陸の全体主義勢力だ。
米国はこの課題を明確に認識し、積極的に対応に乗り出した。中国や金正恩体制も、韓国を征服するため連帯する。彼らは1950年にも同盟して韓国を侵略した。金正恩体制を支持、擁護するのも全体主義勢力だ。韓米同盟の解消を目指す文在寅・与敵集団は、中華帝国主義陣営に韓国を従属させようとする。
韓国では「弾劾政変」後、国家権力を奪取した全体主義勢力の恐怖統治で国の司法、公安機関、軍などが完全に無力化、全体主義独裁の手段になっている。国家権力を、扇動メディアと反逆勢力に奪われた自由右派ないし保守勢力は、国家権力を取り戻すため苦闘している。その過程で巨大な覚醒が起きている。
主思派政権によって、右派の人々が組織的に逮捕、弾圧されている。昨年12月、元国軍機務司令官の李載壽将軍が抗拒自決した。一方、海兵隊司令官の全振九中将は「9・19軍事合意書」に対する不服従を宣言した。全体主義に対する抵抗勢力が依然として健在していることを示した。
金正恩は、北韓の非核化を約束したことがないと主張した。金正恩と共謀した文在寅は、国民と同盟の米国を欺いた。文政権は、世界を欺いた。北の「非核化」が詐欺であることが明確になったのだから、金正恩とのすべての合意は無効となった。韓国民は文在寅に責任の追及し膺懲せねばならない。
巨大な挑戦に対しては当然、相応の巨大な応戦が必要だ。米国は、中華帝国主義の本性が全体主義であることを見抜き、積極的な対応に乗り出した。米国は、中国が米国の望む次元に達するまで攻勢を堅持する。
韓半島の問題も、世界秩序の再編過程とその結果によって決定されるしかない。全体主義が暴力的な手段まで手に入れれば、文明社会を支配、破壊する。したがって全体主義体制に対抗して勝利するには、反文明的な全体主義を拒否するすべての勢力が連帯して戦わなければならない。
文在寅は、金正恩を保護するため、国民と国家を裏切った。韓国は国際社会で孤立している。国民は文在寅政権を膺懲せねばならない。文在寅が犯したすべての過ちを取り戻さねばならない。親中・反日・反米路線は正さねばならない。
今、北核の解決の唯一の道は金正恩政権交代―レジームチェンジだ。だが、北のレジームチェンジは単なる政権交代ではなく、北韓を接収・平定し住民を全体主義邪教体制から解放せねばならない。北を1世紀以上、野蛮的全体主義から解放することは、中国をはじめとするアジア大陸を、全体主義から解放する出発になる。これが真のアジアの平和と繁栄の始まりだ。

2019-01-01 1面
뉴스스크랩하기
社説セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません