ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-18 09:01:27
Untitled Document
ホーム > 連載
2018年12月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国自動車メーカー 半世紀超の挑戦―6―
ヒュンダイ 悲願のWRC制覇に一歩及ばず

 世界5大陸を舞台に13戦が行われる世界ラリー選手権(WRC)は、11月のオーストラリアで今シーズンの幕を閉じた。公道を走るWRCは、サーキットを舞台とするF1と並ぶモータースポーツの最高峰だ。
初の世界チャンピオンを狙ったヒュンダイチームは、13戦のうち第9戦までメイクス部門(ヒュンダイ・トヨタ・フォード・シトロエンが参戦)をリードしていたが終盤に失速、トヨタに逆転を許し残念ながら3年連続の2位にとどまった。
ドライバーズ部門では、優勝確実と思われたヒュンダイのテリー・ヌービル(ベルギー/30歳)がまさかの失速。同タイトル5連覇中のフォード所属のS・オジェ(フランス/35歳)との争いは最終戦に持ち越された。しかし、逆転を狙いあせるヌービルがコースアウトして立木にぶつかりリタイア、万事休す! 2位でシーズンを終えた。
ヒュンダイの中盤までの活躍は目覚ましく、第7戦までで3勝。メイクス部門でフォード、トヨタに大差をつけ、ドライバーズ部門ではオジェに27点、トヨタのO・タナック(エストニア/31歳)に72点もの差をつけ、両タイトル獲得を誰もが予想していた。流れはトヨタのチーム本拠地フィンランド(第8戦)とヒュンダイの本拠地ドイツ(第9戦)で変わった。フィンランドで、トヨタは徹底的なマシン改良を行い1位と3位を獲得(2台の順位点の合計がポイントになる)。対するヒュンダイは4位と8位で、トヨタとの差は27点に縮まった。
続くドイツでもトヨタの快進撃は続き1位と3位を獲得、ヒュンダイは2位と6位でわずか14点差に迫られた。第10戦のトルコでもトヨタが勝ち、ついに5点差で逆転を許す。その後は、フォード、シトロエンの巻き返しもあって思うように順位を伸ばせず、初優勝の野望は果たされることなく今シーズンが終わった。
ヒュンダイの低迷はイコール(当然ながら)ヌービルの不振である。№2と№3のドライバーが活躍したトヨタに比べ、ヒュンダイにはヌービルをバックアップできるドライバーがいなかった。
1973年から始まったWRC。長い歴史の中でチャンピオンチームとなったのはルノー、ランチア、フィアット、フォード、タルボ、アウディ、プジョー、トヨタ、シトロエン、三菱、スバル、VWだけである。一方、日産、マツダ、BMW、サーブ、ボルボ、オペル、ベンツ、ポルシェ、MGなどの名だたるメーカーは、長年のチャレンジにもかかわらずチャンピオンにはなれていない。
ヒュンダイの挑戦は前述した他のメーカーに比べてかなり短く、第1期の00年~03年、第2期の14年~18年のわずか9年にすぎない。トヨタはWRC復帰2年目でチャンピオンを獲得したが、実に99年以来の王座復活なのだ。トヨタのWRC挑戦の始まりは75年であり、それに比べればヒュンダイはまだまだひよっ子。これからに期待したい。
トヨタと明らかな差がついたi20クーペ(インドの工場で生産)の性能アップ、そして才能豊かなヌービルをバックアップする優秀なドライバーの加入・育成が来年のチャンピオン獲得に向けた絶対条件だ。社長の最大の趣味がラリーということで資金を惜しみなく使うトヨタに負けず、来年こそは悲願を達成してほしい。
なお、日本は2020年開催を目指してFIAに働きかけていく方針とのこと。日本を走るヒュンダイチームをぜひ見たいものだ。
(元講談社BC社長・『ベストカー』元編集長 勝股 優)

2018-12-12 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
「第2次米中戦争」も韓半島が決戦場
北送の悲劇「True North」 ...
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません