ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2018年02月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「金正恩と許宗萬を提訴」
脱北した川崎さん

記者会見する川崎栄子さん(左)
 1959年末から始まった帰還事業で北に渡った後、脱北した川崎栄子さんが16日、東京・日本外国特派員協会で会見した。川崎さんは、帰還事業が国際法上の人権侵害にあたるとして、金正恩朝鮮労働党委員長と在日本朝鮮人総連合会の許宗萬議長を国際刑事裁判所(ICC)に提訴することを明らかにした。
川崎さんは、在日朝鮮人を「北韓は地上の楽園だ」とだましたことや、現在も北韓に残っている人々への人権侵害が継続していると主張。また、「北韓を法律の舞台で裁くべきだ」とし、「北に残した家族が心配だ」と胸の内をあかした。

「帰還事業」は、在日朝鮮人・韓国人と日本人配偶者ら家族の北韓への集団的移住を呼びかけた事業。1959年から84年まで行われ、日本国籍者を含む9万3000人以上が海を渡ったとされる。当時の北韓は、自国を「地上の楽園」と呼び、朝総連は「学校も医療もただ」と宣伝した。

2018-02-21 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません