ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2018年02月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「金正恩と許宗萬を提訴」
脱北した川崎さん

記者会見する川崎栄子さん(左)
 1959年末から始まった帰還事業で北に渡った後、脱北した川崎栄子さんが16日、東京・日本外国特派員協会で会見した。川崎さんは、帰還事業が国際法上の人権侵害にあたるとして、金正恩朝鮮労働党委員長と在日本朝鮮人総連合会の許宗萬議長を国際刑事裁判所(ICC)に提訴することを明らかにした。
川崎さんは、在日朝鮮人を「北韓は地上の楽園だ」とだましたことや、現在も北韓に残っている人々への人権侵害が継続していると主張。また、「北韓を法律の舞台で裁くべきだ」とし、「北に残した家族が心配だ」と胸の内をあかした。

「帰還事業」は、在日朝鮮人・韓国人と日本人配偶者ら家族の北韓への集団的移住を呼びかけた事業。1959年から84年まで行われ、日本国籍者を含む9万3000人以上が海を渡ったとされる。当時の北韓は、自国を「地上の楽園」と呼び、朝総連は「学校も医療もただ」と宣伝した。

2018-02-21 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
暗雲立ち込める韓半島
韓国が真の先進国へと脱皮するために
韓国憲政史上最大の暗部 弾劾政変は国...
新しい韓国精神の誕生~「韓半島の未来...
第4次産業革命で変わる世界の産業勢力...
ブログ記事
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
自由統一
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません