ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年11月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(6) 日本の関係機関の協力 
文世光事件を防げなかった理由は

尹仁鉉

 文世光事件を未然に防げなかった理由の一つは、担当公務員が、日本国内で起きている朝総連の動向に疎かったことがあると思う。
さらに当時は、一日数百件にのぼるビザの申請を、2、3日で処理する能力がなかったことも背景にある。日本の関係機関の協力がなければ、ビザ業務は遂行できないほどだった。文世光は、他人(日本人)名義の旅券で韓国に入国したが、チェックが徹底的に行き届いていれば、ビザ発行の段階で防ぐことができたはずだ。
日本の警察をはじめ、関係機関は絶対的な協力を惜しまなかった。中には上司の指示で仕方なくやっているという人もいたが、ほとんどの公務員は、韓国に親しみを持って協力してくれた。いずれも友好的で親切で素晴らしい能力の持ち主で、日本の公務員の優秀さを改めて見直した。今も心から感謝を込め、彼らのためにお祈りしている。
ところでなぜ、両国の関係は友好的であったのか。韓国にとっては、国際情勢が理由の一つに挙げられる。日本を通して侵入するテロの防止である。
韓国でのテロは、当然ながら韓国政府関連の施設・機関を目標としたものだが、韓国にある米国の関連施設もターゲットとなっていた。日本の各機関の協力がなければ、文世光事件のようなテロ行為が、さらに数件起きていても不思議ではなかった。
当時の韓国内の全ての関係機関は、日本を大切に思い、感謝していた。一部の勢力を除いて親日的であった。経済界でも、特に生産施設は日本の協力なくしてできなかった。
だが、最近では警察を始め、日本の各機関は以前ほど協力的ではない。その理由を正確に知る人はいない。不思議である。
話を文世光事件に戻す。前回でも述べたとおり、事件をきっかけに韓国の対日強硬世論は沸騰。最悪の場合、日本との国交断絶まで考えられた。
日本との関係維持を望む韓国政府は、崔という第2無任所長官特別補佐官を通じ、田中角栄首相に私信を送ろうとした。崔補佐官は、いろいろなラインを通じて田中首相の動向を探り、官邸の私設秘書と接触する。そこで得たのが、田中首相が夜中の1時半から2時ごろの間に必ず起きて居間に行き、それからまた寝室に入るということだった。
そこまでの情報を得たものの、深夜に対面することは至難の業であった。田中首相の秘書の名を明かすことはできないが、崔補佐官は懇切丁寧に事情を説明し、どうにか理解を得ることができた。そしてその日、田中首相が起きてくる時刻に裏門から入り、居間で待っていた。
田中首相は、ちょうど1時半に居間に現れた。そこにはひざまずく崔補佐官の姿があった。田中首相は驚いた様子だったが、秘書官からの説明を受け、朴大統領の私信を快く受け入れたという。
私信を読んだ田中首相は、その場で涙を流し、一言「わかった、ご苦労様でした」と労をねぎらった。
その翌日、日本は断り続けていた対韓使節(当時の自民党副総裁)を朴大統領のもとへ派遣。事件で犠牲となった陸英修夫人の葬儀には、田中首相が列席した。両国の関係は無事、元通りとなった。
私信の内容は誰も知らない。朴大統領と田中首相の二人、そして秘書官しか知らないはずだ。私は、両国の関係は公私を超え、問題を解決しうる能力と知恵を備えたものだと思っている。
(つづく)

2017-11-15 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません