ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-17 08:12:33
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年07月31日 20:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
またICBM 北、真夜中に発射

 北韓は28日深夜、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した。深夜の弾道ミサイル発射は初めてのことで、奇襲能力の高さを誇示する目的があると見られている。
発射の情報は、時差がある米ワシントンには28日の午前中に伝わる。これまで以上に、米当局や一般国民に発射を印象づける効果も見込める。
北韓は、文大統領が提案した南北軍事会談(21日)に応じておらず、離散家族の再会を念頭に置いた8月1日の南北赤十字会談にも、今のところ参加の見込みはない。

2017-07-29 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
米上院、中国企業に制裁案 
大企業・富裕層へ増税
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません