ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年07月31日 20:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
またICBM 北、真夜中に発射

 北韓は28日深夜、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した。深夜の弾道ミサイル発射は初めてのことで、奇襲能力の高さを誇示する目的があると見られている。
発射の情報は、時差がある米ワシントンには28日の午前中に伝わる。これまで以上に、米当局や一般国民に発射を印象づける効果も見込める。
北韓は、文大統領が提案した南北軍事会談(21日)に応じておらず、離散家族の再会を念頭に置いた8月1日の南北赤十字会談にも、今のところ参加の見込みはない。

2017-07-29 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
新型肺炎が全体主義体制を痛打
【映画】『人間の時間』(韓国)
韓日で反全体主義のうねり
4月総選挙は、主思派が指名した候補た...
新型肺炎 広がる懸念…感染者増に伴い...
ブログ記事
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
自由統一
国家機能が麻痺 ウイルス被害に直面 ...
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません