ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年03月15日 23:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-87-
まさ子の発病(五)

 彼女は憤然として、そう言った。まさ子の母は面目なさそうな表情だ。
「これ、まさ子ったら。何てこと言うの? あんたをわざわざ訪ねて来てくれた人に、そんな八つ当たりをするなんて、ちょっと失礼じゃなくて?」
 「何が失礼よ。誰が来てくれって言ったの? どっちがほんとうに失礼よ」
まさ子の母がどうしようもないといった表情で私を見た。
「この子ったら、意地悪をして当たり散らすんで、ほんとうにすみませんね」
「お母さん。あまり心配なさらないでください。ここに来るからには、まさ子の嫌がらせくらいは覚悟してましたから、安心してください」
こんどはまさ子を見下ろしながら、哀願調で言った。
「まさ子、何でも言ってくれ。おまえが何を言おうと、ぼくはじっと聞くよ。何もかもぼくの不人情のせいだから。だから、おまえがどんなひどいことを言っても、聞く覚悟はできている。おまえもそうだろう。久し振りにぼくと会って、嬉しいけれども、この間のことを考えると悔しくてならないんだろう。おまえの気持ち、ぼくはよくわかる。さあ、思う存分ぼくのことを怒ってくれ」
まさ子はついに、大声で泣き出した。私は口をきっと結んで彼女の言葉を待った。
「そんなに理解のある人が、あのときどうしてあんなに不人情に、辛く当たったの?」
「とにかく、すまない。過ぎたことは忘れてくれ。今日からおまえはぼくの妻だから、過ぎ去ったことはクスリとして、これからは一緒に楽しく暮らしていこう」
私はそう言うしかなかった。
「あたしをこんな姿にしたのだから、さぞ面白いでしょうね」
「もうそれくらいにしなさいよ」
まさ子の母が彼女を止めた。彼女はもう泣いていなかった。
「花子、お茶を持ってきて」
花子とはまさ子の妹である。
「あ、そうそう、忘れてたわ」
花子の運んできたお茶を飲みながら、私は花子に言った。
「平鉢と湯と匙を一つ、持ってきてくれ」
「何に使うの」
花子が一言いった。
「余計なことを言わずに、持ってきなさい」
花子は出ていって暫くすると、戻ってきた。
先ず平鉢に、買ってきたくるみを五個入れ、さらに水を注いでから粉砂糖を入れ、匙で何度かかき混ぜると、くるみが溶けて、粥のようになった。私が先にひと匙味をみた。

2017-03-15 6面
 
高麗青磁への情熱-86-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません