ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年03月15日 13:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「在日米軍が標的」
北ミサイル4発同時に

 北韓は9日、6日に発射した4発のミサイルが、在日米軍を標的にしたものであると明らかにした。ミサイルは北韓北西部にある東倉里から打ち上げられ、東海(日本海)に落下。北韓が後日公開した映像には、4発が同時に発射される場面が収められていた。
現在の日本のミサイル防衛技術では、北韓が奇襲能力を高めたミサイルで同時に複数の在日米軍を攻撃した場合、迎撃するのは困難といわれている。
北韓のミサイル発射は、韓米軍事演習の期間に行われた。米国では北韓に対する先制武力行使も議論されており、トランプ政権は、北韓の体制転換まで見据えた対アジア政策の見直しを、早ければ月内にまとめるとみられている。

2017-03-15 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
‘朴正煕生誕100年’に残したい話
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません