ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2017年02月01日 09:34
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北、ミサイル発射実験か
核施設も再稼働濃厚 米研究所が発表

 北韓が、相変わらず核とミサイル開発に力を入れている。米国ジョンズ・ホプキンス大の研究グループが衛星写真の分析を行った結果、寧辺の核施設で、黒鉛減速炉の再稼働が濃厚になった。黒鉛減速炉からは核爆弾に使用可能なプルトニウムが抽出される。写真が撮影されたのは1月22日のことで、米国のトランプ政権に向けて核放棄はないと宣言したものとみていい。
北韓は大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射についても、「最高首脳部(金正恩)が決心する任意の時刻、場所で発射される」(1月8日)と、緊張感を高めていた。韓国国防部の韓民求長官は1月27日、首都圏にある地対空ミサイル「PAC3」の部隊を視察。「北の核とミサイルは韓国にとって最も直接的で実体のある脅威」と述べた。米国では北韓の核・ミサイルに対して最新の迎撃態勢を整える方針を打ち出している。
北韓は従来の低弾道の短距離ミサイルではなく、中距離弾道ミサイル「ノドン」を高角度で発射し、韓国全域を攻撃範囲に収めようとしている。今までは通常のミサイル攻撃に対する防御が重視されていたが、今後は核兵器への対応も求められる。
北韓では移動式発射台に搭載されたICBM2基が発射命令を待っている状態だといわれる。ただ、中距離弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル、長距離ロケットが発射される可能性もある。

2017-02-01 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません