ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年12月01日 10:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 自分たちのことは棚に上げて…とは、まさにこのことだろう。都心が54年ぶりとなる11月の初雪に見舞われた24日、30人ほどの集団が韓国大使館近くで朴槿惠大統領の退陣などを求めた▼集団の主体は朝鮮総連の現役活動家である。警備にあたった関係者によると、彼らは大使館正面で横断幕を掲げようとしたようだが、制止された▼大使館から離れた場所で広げられた横断幕には「民族の災殃 歴史の汚物 朴槿惠は即刻退陣せよ」と書かれていた。その場にいた民団関係者の口をついて出た言葉が「朴槿惠じゃなくて金正恩じゃないか」というものである▼災殃とは聞きなれない言葉だが、災いを意味する。確かに朴大統領は韓国に混乱を招いたが、現在の韓半島と、その北半分に生きる人にとってより大きな災いは誰がもたらしたのか▼棚上げとは本来、過剰な商品を一時的に倉庫などに移し、需給の調整を図ることをいう。反対にすべての商品を棚から下ろし、数や品質をチェックするのが棚卸しだ。「普段の行いを調べ上げる意味でも用いられ、転じて、他人の欠点を数え上げる意味にもなった」(語源由来辞典)▼棚卸しはかつて正月に行われるのが慣習だったという。”朴槿惠降ろし”に熱心な方々は、自らに目を向けてみてはどうか。数えるべき欠点は無数にあるのだから、早めに手をつけた方がいいのではないか▼こういうと、「そちらの方こそ」と水掛け論になってしまうだろう。堂々と反論できない韓国の現状が歯がゆい。

2016-12-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません