ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年12月01日 09:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の石炭取引制限へ
国連安保理 抜け穴ふさぐ狙い

 9月に行われた北韓の第5次核実験に対する国連安保理制裁決議案が、現地時間の30日に採択される見通しとなった。今回の制裁決議案でもっとも注目されるのが、北韓の石炭取引に上限が設けられることだ。石炭は北の全輸出のうち、金額ベースで約3分の1といわれる。北韓の貴重な輸出品目だが、国連制裁の対象品目となっていた。
ただ、制裁には抜け穴があった。今年3月に採択された前回の制裁では、石炭輸出は原則禁止となったものの、「民生用」は例外とされた。実際に中国への石炭輸出は変わらず行われていたという。
上限は年間総額4億ドルか、総量750万トン。試算によるとこれまでの3分の1程度に縮小する。銅やニッケルの輸入も全面禁止となるため、北韓経済にとっては一層の打撃となる。
今回の制裁は、9月の実験から約3カ月と、異例の長さに渡って調整が続けられた。それだけ米中の調整が難航したようだ。
問題は各国、特に中国が制裁を履行するかだ。制裁案は、外国企業の北韓支店の事務所および銀行口座の閉鎖や、北韓外交官の受け入れ人員縮小、また複数の銀行口座の開設禁止を盛り込む。不正な取引を制限するためだ。
制裁は経済だけでなく、北韓体制にも動揺をもたらしてきた。今年相次いだ高官の脱北や亡命は、多くが海外からの逃亡だった。6回目の対北制裁により、再び脱北・亡命ラッシュが起きる可能性もある。

2016-12-01 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません