ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年10月26日 17:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正恩は「心臓病高危険群」
国情院報告 飲酒で自制失う

 北韓の金正恩の健康状態について、韓国の国家情報院が「心臓病のリスクが高い」と見ていることがわかった。国家情報院が19日、国会情報委員会の国政監査で報告した。
国会情報委のセヌリ党幹事を務める李完永議員らがまとめた「国家情報院の動向報告」によると、金正恩は暴飲暴食が原因で「心臓病高危険群」のようだ。金正恩は酒を飲むと自制が効かなくなり、3、4日連続で夜明けまで酒宴を張ることもあるとの報告もあったという。
一時は金正日の後継者として名が挙がっていた金正哲は、弟・正恩の監視を苦にして「精神異常」であると報告されている。平壌市内で酒に酔い、暴力を振るったとの情報もある。
情報が少ないのが、金正恩の妹で労働党宣伝扇動部副部長の与正だ。今年6月以降の公式活動はつかめておらず、国情院は妊娠の可能性なども含めて調査を行っているという。

2016-10-26 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません