ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年06月29日 08:06
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 英国がEUを離脱することになった。複数の国が共同で地域の方針を決めていくというEUの方式は、世界に先駆けるモデルであるはずだった。独仏を軸とした小さな連合体から成長を続けてきたEUにとって、初めて経験する加盟国の離脱だ▼東アジア共同体という構想がありながら、いまだに実現に向けた可視的な進展がない日本では、英国のEU離脱はショックをもって報じられた。だがEUは近年、難民対策やギリシャ支援などをめぐって意見をなかなか一致させることができなかったこともまた事実だ。利害の不一致は、理想だけでは乗り越えられないということか▼「凧は風に向かっている時に一番高く上がる。乗っている時ではない」。英国の名宰相、ウィンストン・チャーチルの言葉だ。英国の離脱は、EU瓦解のきっかけになるという見方さえある。英国以外にもEU離脱が議論になっている国は少なくない。EUにとっては正念場となるだろう▼いや、正念場を迎えるのは英国かもしれない。離脱が決定的となった瞬間、為替や株価は激しく動いた。いずれも英国の未来は暗いという予想に立っての値動きである。首相は辞意を表明し、「残留派」が多数を占めたスコットランドでは再び英国からの独立に向けた機運が高まっている▼チャーチルの言葉は、分裂した英国国民こそ思い出すべきものなのかもしれない。身近なところでも「分裂か統合か」と問われる昨今。もちろん私たちに問いかけるものも小さくはない。

2016-06-29 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません