ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-18 19:54:25
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年06月22日 12:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 イチローが日米通算ながら、ピート・ローズ氏が持つ最多安打記録を塗り替えた。数十年破られなかった記録を更新し、米国では「記録を掘り起こす男」と呼ばれる男が打ち立てた、また一つの大記録である▼この「記録更新」に疑問を投げかけているのが、当のローズ氏である。レベルの違う日本での安打数を合算したものは認められないという。同じ意見は、米国メディアにも少なからずある▼これについて、スポーツニッポンで評論家を務める張本勲氏が”あっぱれ”な見方を示している。「メジャー最多はピート・ローズで、世界一はイチロー。そう考えればいい」▼球種の多様化、トレーニング理論の向上、試合数、球場のサイズ…。過去と今を比べれば、過去の選手と現役選手のどちらにも有利・不利はあろう。ただ、過去の選手がそれを持ち出すのは、自らの価値を落としているように思えてならない▼その点で、やはり世界の王はいうことが違う。「今の方がレベルは高い、だけど同じ条件でやるなら僕も負けないよ」▼スポーツに「たら・れば」は禁句といわれるが、記録達成後、一杯傾けながらファンは論じあっただろう。イチローが日本球界を経ずにメジャー挑戦をしていたら、どれほどのヒットを記録していたかと▼ただ、試合数は制限されていながら、42歳にして今シーズンは50本近いヒットを重ねている。もし本人が言うように50歳まで現役を続けたら…。メジャー単独での記録更新も夢ではないところが、この男のすごみである。

2016-06-22 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません