ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年04月13日 05:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の偵察総局の大佐が帰順
対南工作などを供述

 韓国国防部の代弁人は11日、北韓の偵察総局の現役大佐が韓国に亡命したことを確認した。偵察総局は、金正恩体制のスタートとともに発足した対南工作機関であり、軍が統括している。そのため同局の大佐は、金正恩体制の対南挑発計画を知る立場にある。これまで帰順が明らかになった北の現役将校としては最高位級だ。
 昨年の4月、偵察総局局長の金英徹が、大将から中将に2階級降格された。この処分が、今回帰順した大佐と関係があったのではないかと見られる。だが金英徹はその後、大将に復帰。金養建が死亡した後には党の統一戦線部部長職を引き継ぎ、党の対南秘書も兼任している。
 軍が対南工作を指揮するようになったのは、第2の南侵を謀った1960年代の「対南事業総局」以来のことだ。そのため韓国としては、高度の警戒が求められていた。
 帰順した偵察総局大佐は、韓国側の聴取に対して対南工作の方法などを供述しているという。黄長燁・元朝鮮労働党書記(2010年韓国で死去)は亡命後、たびたび公の場で北の体制批判を行ってきたが、元大佐が今後どのような活動をするかは不明だ。

2016-04-13 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません