ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年02月17日 10:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
賛成67.1%
THAAD配備 世論調査

 韓米両国がTHAAD(高高度ミサイル防衛)システムの韓半島配備について協議を始めると公表した7日以降、韓国では同システムの配備に賛成する国民が全体の3分の2に上っていることが明らかになった。中国もロシアも韓国に反対の意志を伝え、韓国政府も議論の存在自体を最近まで否定していたTHAAD配備だが、それ以上に国民が対北安全保障を憂慮していることを示す結果となった。
 連合ニュースとKBSが外部の調査会社に委託して行った調査(11~12日、全国の満19歳以上の成人男女1013人対象)の結果、全体の67・1%が「北韓の脅威に備えるため、THAADを配置する必要がある」と回答した。反対は26・2%だった。
 調査会社は、周辺国の反発以上に、北の核の危機に対する憂慮が勝った結果と分析した。韓国の安全保障関係の調査では、高齢層を中心に保守的な回答が出る傾向にある。今回も60代以上(74・4%)と50代(72・1%)は賛成者の割合が高かった。次いで高かったのは20代以下の68・8%だった。年齢別に見て最も賛成の割合が低かったのが40代(56・4%)だった。
 地域別では最高が、大統領の地元である大邱・慶北の72・5%で、無党派層が多い仁川・京畿も71・4%と比較的高かった。賛成が最も少なかった地域は光州・全羅道(52・8%)だった。

2016-02-17 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
韓国大使館と民団前で訴え
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません