ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年02月10日 08:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
THAAD配置が公論に
北の核ミサイルに対抗

 北側のいわゆる「光明星4号」発射事態を受けて、国防部はTHAAD(高高度防衛。サード)体系の韓半島配備問題に対して韓米間の協議を始めると発表した。安保分野専門家たちは以前から、THAADミサイル体系が北側のミサイル攻撃にさらされている韓国として現実的な迎撃手段であることを指摘してきた。だが、中国との関係を重視してきた朴槿惠政府は、安保専門家たちや世論の要求を無視してきた。しかし中国側は、先月の水爆実験後も北側への強力な制裁どころか「韓半島の非核化」を強調し、逆に韓国を牽制。7日の韓米間の協議開始に対しても、中国政府は駐中韓国大使を外交部に呼んで抗議した。THAAD体系の配備が東アジアの戦略構図の変化につながるか注目される。

中国の覇権主義 韓国の覚悟は

 米韓両国は7日、THAADを韓国に配備するための協議を始めると発表した。THAADは在韓米軍が韓国内の配備を求め、水面下で交渉してきたミサイル防衛体系だ。
 韓国政府はこれまで、公式に交渉をしていることを認めなかった。中国の反発があったためだ。だが、北韓が1月に水爆実験を強行したことを受け、朴大統領が交渉開始を示唆。7日に北韓が長距離弾道ミサイルの発射実験を行ったため、両国は公式に話し合いを進めると発表した。
 THAADは、北のミサイル迎撃を目的としている。ところが、韓米の発表に反応を示したのは、北韓ではなく中国だった。
 中国はTHAADのレーダーが中国国内も監視できるとして韓国を牽制していた。中国外務省は発表直後、「韓半島情勢をエスカレートさせる」と述べ、韓米に対し「慎重に問題を処理するよう促す」とのコメントを発表。中国側はさらに、金章洙・駐中韓国大使を外務省に呼び出し、「厳正な立場」を伝えたという。
 北韓の核・ミサイルによる挑発は、今まで韓国内で「北を刺激するな」という反応を呼んできた。しかし近年は国民の意識が変わり、徹底対応を求める声の方が大きい。「核やミサイルの実験は朴大統領への”プレゼント”だ」という安保専門家は少なくない。
 韓米がTHAADの韓半島配備を決定するのか、またいつ配備するかは未定だ。ただ、協議を始めること自体が、北を擁護し続ける中国には打撃になる。
 中国は、在韓米軍が中朝国境まで進出することを恐れてきた。それが北を支える最大の理屈だった。THAADが配備されれば、米軍の「目」は中国軍を監視しやすくなる。韓国は自国の防衛態勢強化だけでなく、中国の変化を促すことも視野に入れて協議を進めることが求められる。

2016-02-10 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません