ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-13 19:54:40
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年01月20日 13:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北韓に渡った在日韓国人らの保護訴え
人権救済申し立てから1年

 昨年1月に日弁連の人権擁護委員会に対して人権救済申し立てを行った脱北者の川崎栄子さんらが15日、申し立てから1年を機に会見を開いた。川崎さんらが訴えているのは、北送事業(帰国事業)で北に渡った元在日韓国人らへの人権保障だ。

人権救済申立人の一人、川崎栄子さん(左)

 昨年9月に本審査が始まり、川崎さんら2人が日弁連の委員から聴取を受けた。会見に同席した弁護士の白木敦士氏によると、委員らは北の人権状況について大きな関心を持って聞いていたという。
 今後は日朝両政府や朝鮮総連、赤十字などにも聴取を行うことになる。回答は任意だが、「応じなければ、それが委員らの心象として残る」と白木弁護士は指摘した。委員らの結論は、早ければ今秋にも出ると見られている。

2016-01-20 5面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
在日民団の思考停止と無気力
金正恩 「南北軍事合意」の破棄を確認
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません