ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年01月14日 09:45
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 久しぶりに親戚一同が集まり、話に花が咲いた。こういう正月を送った読者は少なくなかろう。小欄もそのクチである。今年で3歳になる親戚の女の子は、たまにしか見ないこちらの顔をようやく覚えてくれたのか、愛嬌を振りまいてくれた▼その子を溺愛してやまない父親が残念そうにつぶやいた。「女の子は父親に似るっていうんだけどな」。確かに目元などは母親とうり二つで、父親の面影はまったくといっていいほどない。本人は「鼻の形が似ている」と食い下がってみたものの、親戚一同、全会一致で「母親似」となった▼「男の子は母親に、女の子は父親に似る」という通説を、誰も一度くらいは聞いたことがあるだろう。科学的な根拠があるわけではないらしいのだが、この説に同意する人は案外多いようだ▼遺伝によって受け継がれるものの中でも、環境に左右されやすいものと、そうでないものがある。歯並びは咀嚼の習慣などで変わるが、鼻の高さはどのような生活をしていても大きく変わらないという。では、性格はどうだろうか▼その女性は、頑固なところが父親に似ているといわれる。「頑迷だ」、「意思疎通ができない」と批判されることさえある。ただ、批判を覚悟で大きな決断を下せる意志の強さを垣間見せた。昨年末のことである▼従軍慰安婦問題で、韓日両国が電撃的な妥結に到った。70年前、同じく批判を覚悟で韓日国交正常化を決めた亡父は今何を思うか。「俺にそっくりだ」と相好を崩しているかもしれない。

2016-01-14 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません