ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年12月02日 09:42
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
粗末な装備に命懸け
10人死亡 漁民の苦しみ

 北韓から漂着したと思われる漁船が、東海(日本海)沿岸で相次いで発見されている。毎年冬場になると数が増え、大半は無人か遺体を乗せた状態で発見される。船体は古く装備も貧弱で、外海に出て遭難した可能性が濃厚だ。

漂流していた北韓漁船

 11月20日、石川県輪島市沖で木造船3隻が漂流しているのが発見された。3隻には計10体の遺体が乗っていた。検視の結果、死因は特定されなかったが、死後1カ月半から2カ月ほど経過していると推察された。
 各地の海上保安本部によると、韓半島から船、あるいはその一部が漂着したと判断されるケースは、30件を超える。船体にハングルが書かれていることなどが判断の根拠になるが、韓国船の場合、遭難したら救難信号を発する。日本の領海に入った可能性がある場合は、その旨を日本側に伝えるため、船体にハングルが書かれた所有者不明の船は、ほぼ100%北韓の船だと関係者は語る。
 発見された船は、大半が漁船だという。輪島沖で発見された3隻の船は、積んであった漁具の形状などからイカ釣り漁船とみられる。毎年夏から秋にかけて東海で操業することが多く、特に近年は冬場にかけ、好漁場である日本に近い海域で漁をしているのが確認されている。
 漁船の装備は貧弱だ。地元漁師によると、形状や大きさなどから、外洋で操業するのは非常に不安な船体だという。モーターやスクリューも、荒波の中では心もとないサイズだ。

船上には識別番号と思われる番号のほか、「朝鮮人民軍第325署」と書かれている

 今回発見された10人の服装は長袖の作業着姿だったという。死因は特定されていないが、餓死に加え、凍死や渇死の可能性もある。
 船体にはハングルで「朝鮮人民軍第325署」と書かれていた。工作船の可能性も疑われたが、韓国の情報筋はそれを否定する。
 「北では地方の軍組織などは配給が滞っているため、自活しなければならない。そのため一部の軍部隊は漁業権を認めてもらい、漁民を乗せて漁をさせている。漁獲物は国内外で売られ、軍人らの生活の糧になっている。仮に工作船だとしたら、遭難するような作りの船であるはずがない」
 北韓では現在、金正恩の指示により漁業に力が入れられているといわれる。漁獲高などのノルマが課せられることが多く、漁民は危険な海に船を出した可能性がある。北韓は党創建70年などを盛大に祝い、国力の増強を盛んに誇っているが、住民生活は今も危険と隣り合わせのようだ。

2015-12-02 1面
 
六百年以上前の金属活字も
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません