ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年11月11日 11:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「深刻かつ組織的」
北の人権議決、国連で再び採択へ

 1年前と同様、北韓の人権状況に関する決議文が、国連総会で採択されることになりそうだ。国連マルズキ・ダルスマン特別報告者は10月末、北韓の人権状況についての報告書を、国連総会の委員会に提出した。

昨年12月の国連総会で、北の人権決議案は初めて採択された

 ダルスマン氏は報告書で、北韓の政治犯収容所に言及した。5カ所の強制収容所では最大で12万人が拷問を受け、労働をさせられているという。
 報告書は、外貨稼ぎのために北韓の労働者5万人以上が強制労働をさせられている点も指摘している。彼らが海外で稼ぎ出す収入は、年間12億~23億ドルとの推算だ。1日の労働時間は20時間に及ぶこともあり、休みはほとんどなく、収入は国家に吸い上げられているという。
 こうした内容は、改めて明らかになったものではないが、北の人権決議案が国連安保理で扱われることは、小さからぬ意味を持つ。
 国連は昨年12月18日の総会で、人権侵害の責任者を国際刑事裁判所(ICC)に付託することなどを盛り込んだ人権決議案を可決。同22日には、安保理も人権状況を正式な案件として採択した。いずれも法的拘束力はないが、国際社会に向けて北韓の人権状況を知らせることになる。
 北韓の国連大使は決議案を全面的に拒否するという従来のスタンスを維持している。
 「深刻かつ組織的な人権侵害」と、決議案を提出した欧州代表はいう。今年も多くの国が、北韓の人権状況に大きな関心を寄せている。今年の決議案も安保理に対し、責任者のICC付託を盛り込むとみられる。
 11日には、北韓の人権状況について調査している国連事務所が置かれたソウルで、過去最大規模の国際大会が開かれる。「ソウル人権対話」の創立大会だ。
 大学や民間団体が主体となり、北韓問題を専門としない著名な人権活動家も集まる。北の人権問題が、「専門外」の活動家によって、より広範に知られることになると主催者らは期待している。韓国政府は半官半民の定例国際会議に育てる構想も持っているという。
 国連決議案は、20日までに国連第3委員会で採決され、12月中旬に国連総会で投票にかけられる見込みだ。

2015-11-11 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません