ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年10月28日 08:10
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
受け入れに消極的な日本
脱北難民の大量発生はあるか

 シリアなどからの難民が、ヨーロッパで社会問題になっている。戦火に追われ、国外に逃避している人たちの一部は、故郷に戻れる日を待つことをやめ、他国に安住の地を見つけようとしている。

難民の相談に乗る支援協会の女性スタッフ

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がまとめている世界の難民・国内避難民に関する「グローバル・トレンド」によると、2014年末の時点で、最も多くの難民が発生しているのはシリアで約400万人。2位はアフガニスタンの約250万人で、3位のソマリア(約100万人)と合わせて上位3カ国で世界の全難民の半数以上が発生している。
 NPO法人「難民支援協会」によると、日本には400人以上のシリア人が暮らしており、うち60人以上はすでに難民申請をしているという。全員が日本を目指してきたのではなく、ブローカーから入手できたビザがたまたま日本のものだったというケースもある。
 ただ、難民認定を得られたシリア人は3人しかいない。2014年の難民申請者は過去最多の5000人だが、認定を受けられたのは11人にすぎない。
 韓国では2014年、2896人の申請に対して94人が認められた。率にして日本の10倍以上だが、国際社会における韓国の立ち位置を考えると、決して満足な数字とはいえないだろう。
 支援協会の石井宏明・常任理事によると、日本では法務省が難民認定を担当しているが、「不法入国者を水際で食い止めるという考え方の法務省には限界がある。認定の専門家がやるべきだ」と訴える。認定を受けるまでに十数人分の決済を得なければならないという日本の壁の高さは際立っている。
 日本で考えられる難民の大量受け入れは、韓半島有事の際に北韓住民が国外に溢れ出すケースだ。石井さんは「90年代に日本政府は最大30万人と試算していた」と述べるが、日本に押し寄せる可能性は少ないとみている。日本に来る手段が見あたらないためだ。現在日本にいる脱北者は、いずれも元在日韓国人か日本人妻、あるいはその子孫で、それ以外は原則的に韓国に送られる可能性が高い。
 問題は中国だ。中国は脱北者を「不法越境者」として北に強制送還している。韓国内では難民条約に加盟する中国が脱北者を難民と認め、韓国に送還するよう求める声はあるが、実現には至っていない。

2015-10-28 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません